FC2ブログ

ZEPPAN RACING-バイクプラモカスタム工房~since2011

絶版バイクを1/12サイズで現代に蘇らせる製作日記。

第16回500SSマッハⅢRevell改(エンジン完成)   

DSC00798a.jpg
エンジンとキャブの塗装を済ませました。

DSC00801a.jpg
ついでに燃料コックも。こーゆー小さなパーツ作るの本当に面倒くさい。けど取り付けると
豪華さが増えてよりリアルさが増すので必須なアイテムなのよね。

DSC00802a.jpg
ホイールリムはブラックでワイヤースポークはメッキで。海外受けする感じの組み合わせww

DSC00803a.jpg
今度出るハセガワさんのエンジンに少しでも近づけた?ような仕上がり(笑)

DSC00804a.jpg
なんて事はどうーでも良いんです。先に完成させた方が勝ちなんです!(←自分に言い聞かせる)

それよりもとうとう沖縄もコロナの感染者が出始めましたよ。1週間で50人ちょい超えれば再び緊急事態宣言らしいです。
もうあんな自粛生活は嫌なので今日から皆でコロナ対策頑張りましょう!
スポンサーサイト



第15回500SSマッハⅢRevell改(塗装開始)   

DSC00792a.jpg
そろそろ塗装に入らないと間に合わないのでまずはチャンバーから~
細かい部分は筆塗りで。

DSC00793a.jpg
銀の下地の上からクリアーコートしてるので多少の失敗はすぐに消せます。

DSC00794a.jpg
今度は上からスモークグレーでシャドーを付け、この後にコンパウンドで擦って焼ムラを表現していきます。

DSC00795a.jpg
フレームも半艶ブラックで塗装。

DSC00796a.jpg
タンデムステップはゼファー400カスタム用。

DSC00797a.jpg
メンテナンススタンドで支えるのでサイドは固定にしました。

第14回500SSマッハⅢRevell改(メンテナンススタンド)   

DSC00787a.jpg
燃料タンクのやり直しの間に小物を造っておきましょう。サイズ違いのポンチでプラ板を開けて
タイヤ部分を造ります。

DSC00788a.jpg
適当にアルミ線を曲げて造形を作ります。

DSC00789a.jpg
スイングームを受ける部分はプラロッドを半分に切っただけ。
こういう小物をプラ棒で作るモデラーさんが居ますが最終的に塗装するなら
断然曲げが自由にきくアルミ素材を使った方が楽チンです♪

DSC00790a.jpg
プラ棒よりもアルミ線の方が失敗してもコストが安いですし入手しやすいです。
瞬着との相性も良いしサフを塗っておけば塗装のノリも良いですよ♪

第13回500SSマッハⅢRevell改(最終仮組?)   

DSC00775a.jpg
そろそろ各部パーツも出来て来たので塗装に入っても良いのでは?
と思い仮組して修正箇所の最終チェックに入ります。

DSC00777a.jpg
リア周り問題ないです。サイドカバーも程度な厚みで満足。

DSC00782a.jpg
左サイド。バッテリーケース、フレーム補強チャンバーの配置も大丈夫!

DSC00784a.jpg
燃料キャップを載せてと・・・あっ!!!

DSC00791a.jpg
実車の画像を良く見るとキャップ周辺もエグレてる…(T_T)
はい!やり直し決定!3歩進んで2歩下がるペースが上がらん。。。。チキショーε=ε=(怒゚Д゚)ノ

第12回500SSマッハⅢRevell改(外装も進めます)   

DSC00769a.jpg
リアキャリパーは1100カタナ用。キャブレターにパワフィルを装着。
そしてプレス化した燃料タンクとリア周りを仮組してチェック。

DSC00770a.jpg
タンクはこれで良し。でもやっぱりサイドカバーが全然ダメ。

DSC00772a.jpg
溶きパテを盛ってエッジになるところをシャーペンでマーキング

DSC00773a.jpg
ついでに燃料コックを追加。プラ材でそれらしく新調。

DSC00774a.jpg
外装はベースホワイトで様子見。シートはアンコを抜いたので改めてサイドモールをアルミ板で作り直し。
フロントも組んでやっと全体像が見えて来ましたW(`0`)W

▲Page top