ZEPPAN RACING-バイクプラモカスタム工房-

絶版バイクを1/12サイズで現代に蘇らせる製作日記。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終回 ZⅠACサンクチュアリー (完成)  

大変お持たせしました。記念すべき20号機の完成です。

IMG_2206a.jpg
カワサキZⅠACサンクチュアリーです。もう何台目ですかねZ2Z1造ったのは?火の玉塗装とか
エンジンのデティールUPとか足回りを他から移植する上でのバランスなどの経験値は上がってると思います。

IMG_2261a.jpg
ただしモデラーというものは罪深きものですね~良いと思う所よりも悪かった所の方が気になってしまいます。
細かく書くとキリがないので書きませんが同じバイクモデラーの方々には解ると思います。
それは次回の宿題にしておきましょう。

IMG_2248a.jpg
今回はACサンクチュアリさんのRCMをそのまんま再現する予定でしたが無いパーツとかもあるので
雰囲気が出せれば良いなと考えて制作しました。
毎度の事ですがセパハン仕様にしたときにウィンカーなどの小物類の配置に苦労します。

IMG_2213a.jpg
おっ!この角度から良い感じかもwww

IMG_2264a.jpg
今回はバッフルもちゃんと作っておきましたよ。それにしてもリアタイヤゴツイですね。

IMG_2265a.jpg
ロードライダーの表紙ぽく切り取ってみましたよ。

IMG_2220a.jpg
すいません何台も造ったのであんまりコメントが思い浮かびません。でも作っていて楽しかったのでこれはこれで良しでしょう!
少しの間ですがコメント欄を解放します。質問等あれば何でもお答えしますので
お気軽にどうぞ~※その他の画像は完成GALLERYで公開しています。
「Z1サンクチュアリ編」面白かったという方は拍手を押してね!
スポンサーサイト

第17回 ZⅠACサンクチュアリー (完成前夜)  

IMG_2199.jpg
あと少しで完成ですね。

IMG_2202.jpg
この状態なら一気に完成させちゃいなよと思いますが

IMG_2204.jpg
この状態でも修正点をじっと探っていきます。

IMG_2203.jpg
よっしゃー!車検合格~(笑) お待たせしました次回はいよいよお披露目です~
7月20日(木)朝9時UP予定。コメント欄も解放しますのでご感想などお待ちしております。

第16回 ZⅠACサンクチュアリー (火の玉ふたたび…)  

IMG_2177.jpg
カスタムシートが完成しました。今回はベルトが無いタイプ。

IMG_2205.jpg
フェンダーレスに付いているナンバーは立体感を出すためにデカールをラッカーでクリアコートしてから
文字部分にエナメルクリアーを筆塗り。そうすると立体感が出て良い感じ。

IMG_2173.jpg
外装ペイントは青火の玉。

IMG_2174.jpg
シルバーとブラックに塗装したらマスキングを剥がして上からクリアーブルーを吹いて好みの色合いになるまで
重ねていきます。遠目ではブラックですが光の度合いによってはブルーブラックのような感じになってます。

第15回 ZⅠACサンクチュアリー (3Dチタンウェルドクラフトマフラー)  

IMG_2122.jpg
ナイトロレーシングのマフラーもいよいよ仕上げに取り掛かかりましょう。
溶接部分にマスキングをしてチタン焼けを塗装していきます。

IMG_2154.jpg
実車のマフラーは走ってない車両なのでほとんど焼けてませんが少し寂しいので派手に焼けを入れました。
それに伴い熱が入ってない部分は溶接部分をメッキ調のミラーテープに
焼けてる部分はメッキテープにクリアーイエローを塗装した物を巻いてみました。

IMG_2168.jpg
う~ん(@_@;)少しテープが浮いてますね。後ほど極小マイナスで馴染ませて修正しておきます。

IMG_2170.jpg
サイレンサーがカチ上がって攻撃的なスタイルになりました。

第14回 ZⅠACサンクチュアリー (コックピット)  

IMG_2179.jpg
コックピットですがトップブリッジはXJR純正のバーハンだったのでクランプ穴を埋めてスムージング。
メーターカバーは透明プラを切り取ってガラス化する方が多いのですが私はエナメルクリアーを重ねて再現。
こっちの方が艶々でなんかカッコイイ♪

IMG_2184.jpg
少し時間が余ったので配線コードを凝ってみました。多分見えないと思いますが…

IMG_2185.jpg
ヘッドライト×トップブリッジと左右ハンドルグリップを取り付けました。

IMG_2187.jpg
ハーネス配線などを付け加えたいのでハンドル部分は差し込み式にしておきました。
セパハン仕様はパーツが集中するので毎回配置に一苦労します(;-_-) =3 フゥ

IMG_2189.jpg
見て下さい。このごちゃごちゃ感wwwスロットルワイヤー、ブレーキカップホルダー、ブレーキライン
どれもギリギリ配置で手の入る隙間がありません。仮組みの段階で何十回も修正してるので
いざ接着しても何とか微調整だけで済むので安心して組み上げる事ができます。

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。