ZEPPAN RACING-バイクプラモカスタム工房-

絶版バイクを1/12サイズで現代に蘇らせる製作日記。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第9回CB1300 SB 改(14’)「エンジンとFiと配線と」  

CB1300SB60.jpg
スロットルボディも手を加えたいと思います。

cb1300sb89.jpg
これはエンジン両側に付いてあるラジエターホース。
ホースバンドは虫ピンにホースの輪切りを被せただけ結構イイ感じにらしく見えますよ(^^)ニコ

cb1300sb91.jpg
省略されていたラジエターホースや配線類を追加して密度を上げていきます。

cb1300sb93.jpg
ウォーターポンプも作り直して後に取り付けるであろうスプロケカバーとか
ラジエターホースの配置などに気を配りながら作業を進めて行きます。

cb1300sb92.jpg
いつもならフレームに乗っけてから配線をめぐらせるのですがこのキットは
タンクとフレームが一体化してるのでほぼ不可能です。お気を付け下さいませ。
スポンサーサイト

第7回CB1300 SB 改(14’)「生まれ変わったエンジン」  

cb1300sb71.jpg
やっとエンジンが完成しましたよ(ー。ー)フゥ
ヘッド上部の省略されていたタペットカバーとかシリンダーの造形とかラジエターホースが
繋がる所などを中心に凹凸を出してあげました。

cb1300sb72.jpg
一体化してあったプラグも別離してXJRの物を流用。念のためカバー類のモールドも
一旦切り飛ばして新たに六角プラ棒に置き換えています。

cb1300sb73.jpg
これがノーマルのエンジン。美肌ですね~

cb1300sb74.jpg
これが手を加えたエンジン。貴方はいくつ間違いを探せますか?( ̄ー ̄)ニヤリッ

第2回XJR400(アオシマから遂にあの名車が…)  

ついに発売決定!!

モデラーの方はすでにご存知の方が多いと思いますが私のブログを観ていて下さる方は
実車の方も多いのでここで告知~いよいよ11月にヨンフォアが発売されますよ(o ̄∇ ̄o)
過去にナガノから1/8サイズは発売されてましたが1/12サイズはお初?だと思います。
3Dスキャニングの最新技術を使って細部のパーツを再現されてるみたいなので期待を
膨らませずには居られませんよね( ̄ー ̄)ニヤリッ

yx45.jpg
カスタム馬鹿な私でもヨンフォアとCB750Kはドノーマルの方がカッコイイと思うので弄るのは躊躇します。
ですがヨシムラのショート官を付ける位のライトカスタムなら「アリ」だと思います。
でもノーマルの流れるエキパイは何時間見てても飽きない美しさですね(*^^*)
このヨンフォアが爆発的に売れれば貴方が望んでるあの名車が次に発売されるかも
知れませんよ。縮小傾向のバイク模型業界にとっては明るい話題ですし
私の年代の方は間違いなくどストライクな一台なのでツイッターとかSNSでの拡散お願いします(^▽^)/

xjr04.jpg
さて本題にはいります。
ブレーキキャリパーはニッシン製4ポッドを使います。CB400SFカスタムに入ってあった物
ですが裏面がツルツルですので追加工作しておきます。

xjr21.jpg
ついでにリアも一緒に「対向式」に変更しておきましょう。スジボリとかボルト類を追加したら
それなりにはなりますよ。

xjr06.jpg
このXJRのキット。所々ネジで止める箇所が多いのですが1/12スケールには違和感があるので
プラ棒などに変えて車体をマウントします。

xjr26.jpg
今回はエンジンは手を加えず素組みで行きます。

xjr27.jpg
素組みってなんて素晴らしいのでしょうか( ̄ー ̄)ニヤリッ
できればこの先も修正しないで3日ぐらいで完成できたら模型をもっと好きになれるのにな~

皆さんヨンフォア買って下さいね~売れ行き次第ではCB750KとかマッハⅢなど
名車が1/12サイズで発売されるかも知れませんよ(*⌒∇⌒*)

アオシマのヨンフォア買った(予約)方は拍手を押してね!

第9回 XV1600改「空冷OHV2気筒V型エンジン」   

大柄なXVのパーツをダイエット中ですが忘れそうな所も抜かりなくそぎ落とします。

xv047.jpg
サイドカバーもデカイのでフレームに収まるぐらいに小さめにします。

xv119.jpg
メッキ化も考えましたがあんまギラギラしたのは好みじゃないのでソリッドカラーのブラックで。

xv109.jpg
オリジナルのエアクリカバーはブラックの下地にクリアーでツルツルにした後NEXT処理。

xv101.jpg
エンジンは全体を黒鉄色でヘッドカバーはブラック→クリアー後にNEXT処理。
今気づいたのですがXVはツインプラグを採用してるのですね。

xv102.jpg
空冷OHV1601ccV型2気筒エンジンはプラモながら迫力がありますね~
空冷特有のフィンもカッコ良いですがなんと言っても横に張り出したプッシュロッドがさらにゴツく
見栄えを良くしてます。プッシュロッドカバーにはミラーフィニッシュを巻いてゴージャス仕様ですよ♪

第4回 SR400改「単機筒エンジン」   

今回はエンジンが完成しました(過去形)いきなりの完成で申し訳ない(;^_^A アセアセ・・・

018a.jpg
SRは今では珍しい空冷なので少しでも冷却効果を得るためにシリンダーから
カムシャフトに沿ってオイルラインを追加。後にオイルクーラーも追加予定ですが念のために。

020a.jpg
現役では国産最大となるビッグシングルエンジンは迫力がありますね(*^^*)ポッ
私が思いつく現役400ccの単機筒と言えばビッグスクーターとかでそれ以上の排気量では
絶版したサベージ650しか思い浮かびませんね。海外のビッグシングルはどうなんでしょう?

021a.jpg
リア廻りですがホイールはリム側をブラックでスポークはシルバー塗装で決めてみました。
ショックはショーワ製のリザーブ付きツインタイプ。リアもドラムからディスクに変更して
ニッシン製の対向2ポッドで強化済みです。

022a.jpg
そう言えば後に単機筒の歴史を調べましたが国産の単機筒で800ccのエンジンを搭載した
バイクがありました。それはスズキから90年に発売されたDR800Sという
パリダカに出ていそうな今で言うアドベンチャータイプのバイクでした。

030a.jpg
さすがはスズキ。サベージの650ccでもスゴイのに800ccを造るなんて( ̄□ ̄;)ギョッ
考えただけでも色々な所が振動でかゆくなってきそうです(;^_^A
ただ779ccのビッグシングルなら出だしからのトルク感は間違いなく力強かったハズ。
ピストン1個だけならハーレー(V型2気筒1584cc÷2=792cc)と同等のトルクだもんね。

031a.jpg
最近の二輪業界は燃費や車体の価格上昇を抑えるためにピストンの数が減っていく
志向になっています。これからは耐久性や部品点数の少なくコスパが高い単機筒エンジン
確実に生き残っていくでしょうね(^^)ニコ

次回はキャブレターの製作です。

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。