ZEPPAN RACING-バイクプラモカスタム工房-

絶版バイクを1/12サイズで現代に蘇らせる製作日記。

第9回 Z1‐R改 (バックステップ)  

今回は自立とリア廻りのドレスアップ。

DSC01892a.jpg
可動式のためにスタンドをプチ改造。

DSC01890a.jpg
油圧化に伴いスプロケカバーも新調。

DSC01762a.jpg
ZⅡ付属のカスタムパーツからステップをチョイス。取り付けできるようにステーもプラ板から作成。
それにマスターシリンダーなどを取り付け。

DSC01893a.jpg
先に完成してあったフロントを組んで自立成功~(○゚ε^○)v ィェィ♪

DSC01894a.jpg
今回はエンジンの黒の比率が高いのでピンポイントにゴールドを持ってきました。

DSC01897a.jpg
前回まではリアマスターがうまく設置できなかったですが今回は仮組みを徹底的にしたので
カンペキ♪ちゃんとサイドカバーも取り付けできるようにセッティング済みです。

DSC01899a.jpg
どうですかこのリアビュー?だんだんと様になってきましたよ(o ̄∇ ̄o)ヘヘッ♪

次回はマフラー。今回も…?お楽しみに(o ̄ー ̄o) ムフフ
スポンサーサイト

第13回GPZ900R改(フロント完成)  

今回はフロントを仕上げて車体にドッキングまで行きます!

DSC01477a.jpg
まずはスロットルワイヤーを造ります。

DSC01478a.jpg
12R純正の物を使うのですがキットは簡素化せれておりカバーが再現されていません。
溶きパテを塗ってそれ風にしてみたいと思います。

DSC01479a.jpg
どうですかね?艶消しのブラックを塗ったらイイ感じになりましたよ♪

DSC01330a.jpg
続いてメーターギアを造ります。

DSC01489a.jpg
今回はシンプルに…

DSC01488a.jpg
以前取り付けたリアの足回りですが、いつものようにリアル感が足りませんね…
ビスもむき出しですし…

DSC01490a.jpg
少し華やかさが足りないのでスイングアームガードを追加製作。

DSC01492a.jpg
ビス止め部分にはプラ棒を差し込んでヤスリで整えピンバイスでアクセント。
少しはリアル感が出てきたかな?

DSC01486a.jpg
ついでにサイドスタンドも可動式に変更~

DSC01497a.jpg
いつもの事ですがモチベーションが上がらない地味な作業です(ー。ー)フゥ

DSC01491a.jpg
フロントを車体に取り付けて自立させました。後はステップ類で車体は完成ですかね。
全体の7割ほど完成ってとこですかね。ここまでだとGPZの部品はフレームとラジエターだけ
この状態では何のバイクかさっぱり解らないね(笑)

DSC01498a.jpg
基本的にバイクは原型を崩すと「らしさ」まで崩れてしまうので製作するときに
神経を使うのですが900ニンジャは外装パーツがインパクト大なので大丈夫だと思います。

次回はバックステップを個性的にカスタムします。

第8回CBR400F‐3(メーターギア)  

まずはスピードメーターギアを造ります。

DSC00861a.jpg
プラ板とブレーキ用のマスターシリンダーのジャンク品を使ってそれっぽく造ります。

DSC00886a.jpg
いつもならスプロケカバーはソリッドを入れたりしたのですがカバーの面積が狭いので今回は無し。

DSC00893a.jpg
普通は前輪からスピードメーターは計測するのですがメーターギアはドライブスプロケットから
計測する仕組み。純正カバーをこういうパーツに変えるだけでカスタム度がUPしますよね♪

DSC00887a.jpg
続けてバックステップ。ステーはノーマルを、そのまま使いステップはゼファー400から流用。

DSC00890a.jpg
ブレーキマスターはステン線を使いホース取り付けバンドは極細にカットしたアルミ板を
丸め、押さえとして使って少しデティ-ルUP。
ついでにマフラーステーもアルミ板から切り出して作成し取り付けを済ませておきます。

DSC00889a.jpg
後輪を付けたらやっとバイクらしくなってきましたよ♪

次回はオイルクーラーの製作です。

第7回 Z1000MkⅡ(油圧クラッチ)  

今回はクラッチを油圧化します。

DSC00469a.jpg
まずは純正のカバーを外すのでスプロケカバーを作ります。
プラ板にピンバイスで穴を開けその間をナイフでカットしデザインを造ります。

DSC00470a.jpg
カバーが出来上がったらジャンク部品から頂戴したピストンを追加。
ついでにドライブスプロケのステーも追加工作。

DSC00492a.jpg
カバーをブラック→NEXT、ピストンをブラックで塗装したら完成。

DSC00506a.jpg
そして装着したら油圧クラッチの完成~
純正のカバーを外すとドライブスプロケがむき出しになって機械的でカッコイイのですが
スカスカな部分も出てくるのでステーやフランジなどを追加してカバーしてみました。

DSC00505a.jpg
後ついでに電装系のコード類なども追加して精密感も出しておきました。
どうですかね。少しは迫力が増したのでは無いかな?

次回はオイルクーラーの製作です。

第6回CB900F「パーツ作成」  

今回もカスタムパーツ作りに励みますね。
普通に更新してもつまらないので今回はクイズ形式でUP~!
皆さんもご一緒に考えてね。あるパーツを作ります。

DSC00238a.jpg
プラ板にポリパテを盛ってプラ棒を差し込んで
削っては盛って削っては盛ってを繰り返しながら形成。
この作業を1週間進めると…

DSC00313a.jpg
こうなります。

DSC00316a.jpg
次にプラ板とプラ棒、ジャンクパーツを使いおのおの塗装を済ませコードを繋いだら出来上がり♪
さて何のパーツでしょうね?
正解は…

DSC00334a.jpg
メーターギアとポイントカバーでした~

DSC05211a.jpg
純正のクランクカバーを外しオイル注入口の下の部分のカバーと
スピードを計るメーターギアに変更して見ました。このパーツはスプロケから
速度を計測するパーツでCB-Fのカスタムには鉄板のアイテムですね。

DSC05209a.jpg
この二つのアイテムを完成させるのに2週間もかかりました。。。
でもそのおかげで出来栄えはいい感じですよ~

さて段々と中身が詰まってきた感じでテンションも高くなって来たぞ~↑↑
この調子で次回はF足回りを作りますよ♪

▲Page top