ZEPPAN RACING-バイクプラモカスタム工房-

絶版バイクを1/12サイズで現代に蘇らせる製作日記。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回750RS(スポーク張替とホイール選択)   

IMG_1781.jpg
素組みで作るぞ~と宣言しておきながらカスタム馬鹿な私にそんな言葉は1分も持ちません。
ちゅうちょなくワイヤースポークを切断。ハブ部分は両方使いますがリムは片方だけ使います。

IMG_1783.jpg
その間にスポーク張替のための冶具を作っておきます。上はZ2の前輪用で下はCBR400Fの後輪ホイールです。
Z2付属タイヤのトレッドパターンはクラシックさが無いので丁度いい感じのタイヤがCBR400Fのヤツでした。

IMG_1782.jpg
タイヤは太い方が見栄えが良いのでリアホイールはCBR400F用。フロントはZ2純正を使い
ハブ部分を移植して張替たいと思います。リアはHリムになってるので後でパテで埋めておきます。

IMG_1785.jpg
オリジナルのホイールを作る場合難しい箇所がアライメントの取り方。私の場合同じホイールを用意して
こんな風に平行を取るだけ。数mm単位なら後から修正できるのであんまり考えないでも大丈夫ですよ。

IMG_1786.jpg
マスキングテープに40個の印をつけリムに張り虫ピンでマーキングを付けておきます。
私のやり方はホイールを貫通させないので誰でも簡単にお手軽にできます。
ピンバイスを斜めに開けるのは難しいですよね~(@_@;)

IMG_1788.jpg
ニップルは真鍮官よりも扱いやすい肉薄の電線の被覆を使います。

IMG_1789.jpg
ワイヤースポークの張替手順は慣れないうちは見本を見ながらやります。
コツはリム側にステン線を挿してからハブ側に引掛ける感じで。瞬着で仮止めしながら最後に
ニップルをズリ下して固める感じで接着すればOK。

IMG_1790.jpg
片方が張り終えれば後は冶具から取り出し裏返して残りを張り替えれば完成。質感を上げたいのなら
ニップルを真鍮官に置き換えても大丈夫だと思います。
コツさえ解れば誰でもできる作業なので試して見て下さいね(。◠‿◠。)
スポンサーサイト

第2回 SR400改「Sディスク仕様のスポーク張替え」   

SRと言えばキャブトンマフラーに低めのセパハンを付けてカフェレーサー仕様にする方が
多いと思いますがそんな定番を造ってもちょっと面白みに欠けるので今回は
走りを意識したストリートカスタムで仕上げてみたいと思います。

IMG_0372a.jpg
ワイズギア仕様のキャストホイールも渋いですがせっかくのスポークホイールなのでSTDを
あまり変えずただ純正のフワフワタイヤでは迫力不足になるためXJRのラジアルを使いましょう。
今回は前はシングルディスクなのでセンターハブはZⅡ純正を流用。この時点で
XJR用はZⅡ用を張り合わせるのでその分だけ削っておきます。

IMG_0373a.jpg
前回造ったジグを使ってZⅡ用のハブ部分に張り合わせるスポークを20本用意します。
材料は0.3mmのステンバネ線とリード線の被覆。バネ線は気持ち長めにカットしておきます。

IMG_0374a.jpg
スポークの張替えですがまず最初に反時計回りにバネ線を“裏側”に貼り付けます。
この後に表側に引っ掛けるスポークの穴の間を塞がないように気をつけましょう。

IMG_0375a.jpg
そして今度は”時計回りに”表側にバネ線を差し込んでいきます。
クロスになるようにハブ側から引っ掛けてリム側に通す感じで。長ければカットして調整。

IMG_0377a.jpg
張り終えたらホイールをひっくり返して同じ順序で。ここの部分はディスクで隠れるので
適当で大丈夫(^^)ニコスポークの張替え手順ですが最初は難しいですが2、3台造っていくうちに
順番さえ覚えれば誰でも簡単にできます。

IMG_0378a.jpg
前回はWだったの今回のシングルディスクだと難しい作業になると覚悟してましたが
以外に簡単にできてしまいました(^^)ニコ
何事も深く考えるのは良くないですね。やれば何もできる?かも( ̄ー ̄)ニヤリッ
自己流の簡単スポーク張替え法ですがシングルディスク仕様でも対応可能ですよ♪
ぜひお試しあれ(^▽^)/

次回はフロントとリアのスイングアームを製作します。


第2回 900 Super Four (ZⅠ)改「簡単にできるスポーク張替え」  

さてさて様々なカスタムを行なって来た我がZEPPAN RACINGですが
最近似たようなカスタム車両が多くなってしまって少し物足りないですね(ー。ー)フゥ
特に足回りは単調なパーツ流用なので少し変化が欲しいところ。
前からやってみたかったスポークの張替えに挑戦したいと思います。

DSC03233a.jpg
ただ単に張り替えても面白くないのでワイドリムのホイールを使って極太タイヤ仕様に。
まずはXJR用のホイールをセンター部分とリム側を削り分断します。
スポークの本数は40本に設定してリム側にマスキングを1周して貼り
一旦剥がしたら40箇所を均等に印を付け再びリム側にくっ付けて虫ピンの先で
印部分の上からマークを付けピンバイスでステンレス線が通る幅まで広げます。

DSC03234a.jpg
XJR用のホイールを板で固定したらセンター中心も穴を開けたらジグの完成。
センター部分とリム側のホイールアライメントはXJR用なら何も挟まないでもOK!
他車の場合もしズレていたらの誤差分のプラ版を挟めば調整が可能です。

DSC03235a.jpg
センター部分は穴の大きさに合わせてビス止め。均等の長さに切った0.3mmのステンバネ線を
リム側の方から挿してセンター部分に乗っける感じで置きます。片側を挿し終えた時点で
穴の間が一本分ずつ残った状態になるように。

DSC03236a.jpg
裏側はジグから取り出して残った穴に右回りに挿して1周したら重ねるように
今度は左回りに「×」を作るように挿したら完成。念のために言っておきますが
この方法はシングルディスクのホイールには向いてないやり方です。

DSC03261a.jpg
このようにダブルディスクにする場合に隠れて見えない前提になら使えるテクニックだと
覚えておきましょう。この方法のメリットはセンターとリム側にに余計な穴を開けずに
スポーク化できると言う事。特にリム側の角度を付けたピンバイス開けは素人には難しいですし
この方法なら差し込む穴を気持ち長めに開けておけば後で調整も簡単なのでオススメ(^▽^)/

DSC03259a.jpg
我がZEPPAN RACINGの一号機はペケジェイですが本当の一号機はZⅡになる予定でした。
なぜZⅡが最初のカスタムマシンにならなかったと言いますとそれは…
スポークの張替え作業が出来なかった事が原因でした(T_T)
難しく考えてしばらく製作を断念していましたがWディスク化してしまえばセンター部分を
上手く誤魔化すことができるのではと思い造ってみたら以外にできちゃいました(^▽^)/
ゼファー750RSのタイヤみたいでカッコイイでしょ♪

次回は仮組み~

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。