ZEPPAN RACING-バイクプラモカスタム工房-

絶版バイクを1/12サイズで現代に蘇らせる製作日記。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8回 900 Super Four (ZⅠ)改「セパハン仕様」  

今回はフロント周りですが悩んだ結果ハンドルポジションはセパハンにします。

DSC03253a.jpg
まずXJR用のフォークのトップ部分を削って中心にプラ棒を差しあらかじめ作っておいた
ハンドルを取り付けます。ホルダーはゼファーカスタム用。

DSC03247a.jpg
キャリパーは定番のロッキード。対向2ポッドにするために
今回は贅沢に一つに対して部品二個を使います。

DSC03252a.jpg
そのままだと分厚くなるので合わせ目部分は削って調整。パッドもみえるようにプラ板を差し込んで。

DSC03248a.jpg
Z純正のフェンダーを削り込んだらステー部分をアルミ板で追加。この上から
パリパテで盛り込み後はひたすら形を出して行きます。

DSC03267a.jpg
そしてメッキフェンダーの完成♪塗装はメッキシルバーNEXTでテカテカにしましたよ。
ベースは黒ですがその上にたっぷりクリアーを塗るとメッキ感が増しますよ(^^)ニコ

DSC03304a.jpg
ヘッドライトとマスターカップを追加してフロント周りが完成~

DSC03305a.jpg
セパハンにするとブレーキホースとかウインカーとかアクセルテンショナーとかが干渉するので
取り回しに一苦労しますね(;^_^A アセアセ・・・

次回はマフラーですよ~
ヨシムラの手曲げです。お楽しみに(^^)ニコ
スポンサーサイト

第7回 RZ250改 (フロント仕上げ)  

今回はフロント周りを一気に仕上げます。

DSC02391a.jpg
まずはトップブリッジとメーター。

DSC02368a.jpg
倒立フォークとヘッドライト。インナーはゴールドのミラーフィニッシュ。

DSC02389a.jpg
レース用のハンドルにはプラ板でスイッチ類を追加。アクセルテンショナーも造り直し。

DSC02390a.jpg
以前に造っておいたフェンダーもホワイト塗装。アルミ板を被せてエアロにしましたが
パテを盛って形成してるので厚みが気になります。

DSC02394a.jpg
フェンダー裏をブラックで塗れば錯覚で少しごまかせられるのですが本来なら
バキュームなどでレジン複製がベストかも…薄い方が絶対にカッコイイです。

DSC02402a.jpg
バキュームフォーム?プラモデルのパーツ複製に使われる技術の一つで主にカウルなどの
スクリーン(風除け)などの薄いプラスチックパーツを電気コンロと掃除機を使って
複製します。詳しいやり方は動画サイトなどで公開されているので気になる方は検索して見てね。

DSC02395a.jpg
なぜやらないかって?…ただ単に面倒臭いからです(;^_^A アセアセ・・・
ネイキッドやビキニカウルなどの製作が多いのでスクリーンなどがほとんど無くて
あまり気にならないのもあるからかな…そうゆうところは結構づぼら|)゚0゚(| ホェー!!
多分レーサーマシンなどの製作が多ければ間違いなくやってるでしょうね。

次回は車体に取り付けです。

第4回 Z1‐R改 (F足回り完成)  

今回はフロントを一気に仕上げます!

DSC01772a.jpg
足回りはゼファー400からの流用。ゲイルスピードに似てるホイールはブラック塗装で決めました。

DSC01771a.jpg
Fフォークはアウターをゴールド系でインナーはミラーフィニッシュを少しアレンジして使います。
張る前にクリアーイエローで塗装しておきます。

DSC01776a.jpg
そしてメーターとハンドルを取り付けて完成。Fフェンダーはキャンディブルー仕様で塗装。
この時点で純正カラーでないのが解ってしまいますね(;^_^A アセアセ・・・

DSC01787a.jpg
ニッシン製の6ポットキャリパーもゴツイ!

DSC01788a.jpg
今回はライト周りも組んだ後にインナーチューブのミラーシートを張ったのですが
これが結構大変でした(;^_^A アセアセ・・・なぜこういう面倒くさい方法を取ったのかは後に
解ると思います。ヘッドライトもミラーシートで張りました。

DSC01791a.jpg
コックピット周辺もスイッチ類を追加工作してデティールUPしてます。ちゃんと油圧クラッチ仕様に
するのでマスターカップも追加済み。こうして見るとセパハンもカッコイイですね!
完成が楽しみです( ̄∀ ̄*)イヒッ

次回は心臓部エンジンの製作に入ります。

第10回 Z1000MkⅡ(ハンドル周り)  

今回はフロント周りを仕上げていきます。

DSC00429a.jpg
今回のMkⅡのハンドル位置は高めのポジションに設定するので純正のバーでは低すぎ。
なので1.2mmのアルミワイヤーを使って好みの長さに作り変えます。
あと油圧クラッチにしたのでマスターカップも2個にしましょう。

DSC00513a.jpg
今回は少し頑張ってみましょうか!ハイスロットルもプラ板プラ棒、ステン線、チューブを使って
六角フランジを造ってみました。。。

DSC00519a.jpg
メーター周り。前回クラッチカバーで使ったUVクリアーでガラス化。
量が多いと硬化に時間がかかるので重ねて使うと良いかも知れませんね。

DSC00524a.jpg
電装コードを束ねるクリップを0.4mmのマスキングテープで巻きホワイトで塗装。
グリップもステン線で固定してレーシーな感じに。。。

DSC00517a.jpg
フロント周りのカラーリングをブラック×シルバーで統一。

DSC00522a.jpg
メーターリングにハセガワのミラーフィニッシュを極細にカットして貼りケーブルをちょい手直し
マスターカップのホースを透明チューブに変更。

DSC00523a.jpg
マスターシリンダーからキャリパーにはダイレクトに繋がず3way方式で繋ぐため
中間部分にプラ棒とステン線を使ってマスターシリンダーを増設。

DSC00521a.jpg
微妙ですがフォークのインナーチューブはブラックの上からクリアーブルーを重ね塗りして
ブルーブラックなんですが解るかな?

次回はシートの作成です。

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。