ZEPPAN RACING-バイクプラモカスタム工房-

絶版バイクを1/12サイズで現代に蘇らせる製作日記。

第1回 RZ350改 (青い流れ星)  

あけましておめでとうございます!
前回「Z1-R」に評価を付けて下さった方に感謝します。
コメントを下さったゼツオさん、LAGさん温かい声援ありがとうございます(^^)ニコ

早いもので我がZEPPAN RACINGも今年で3年目に突入します。
過去2年間で計8台の色々なジャンルのカスタムバイクを造ってきました。
XJ、Z2、刀、CB、ニンジャ、CBR、MK、Z1-R…あれ?…もしかして…
全部4スト!?
という訳で今回は2スト造ります!
私が今年一発目に選んだ車両はこれ!
20121209120144f31.jpg
RZ350(1981)RZ250の半年遅れで発売されたのですが車検制度のせいで国内販売は不振。
RZ250と共通フレームなので主にエンジン取りのためだけに人気となった不運の名車。
ですがポテンシャルはRZ250と比べられないパワーを持った怪物バイクでした。
ゼロヨンで12秒、最高出力45馬力、最高速度190kmオーバーは当時の750ccクラスの
バイクと方を並べるほどの高スペックで輸出用のRD350は外国では「ポケットロケット」と
呼ばれていたそうです。

DSC04002a.jpg
何を隠そう私がバイクに初めて興味を持ったのもこのRZ350がきっかけでした。
当時小4の私は週間少年ジャンプが愛読書で「サーキットの狼」で有名になった
池沢さとし先生の「街道レーサーGO!」で初めてRZの存在を知りました。
そのマンガに出てきた主人公が乗っていたRZがメチャメチャ速くて「ナナハンキラー」の異名通り
750ccのバイクやスーパーカー軍団などをブッチ切るという内容が小学生の私には衝撃的でしたね。
もちろん免許の取れる年齢でも無い私はそれからこのタミヤのキットをどれだけ作ったか…(苦笑)

DSC02042a.jpg
過去にノーマルは死ぬほど作って来たのでカスタムしか頭に無いです!
ご期待下さいませ( ̄ー ̄)ニヤリッ

次回はエンジンを造ります。

やっぱりRZが一番好き!という方は拍手を押してね!
スポンサーサイト

第2回 RZ350改 (エンジン)  

今回はエンジンを組み上げます。
まず始めにマフラーフランジの間がスカスカだったのでプラ板を挟んで穴埋め作業。
DSC02059a.jpg
純正のラジエターを付ければ隠せる所ですが私はラジエターもカスタムするので念のために…

DSC02156a.jpg
今回キャブは純正を使用します。本来ならPWKなどの定番キャブをチョイスしたかったのですが
2ストのカスタムパーツはまったく無いので流用できません(T_T)
クランクケースはアルミなのでカバーとシリンダーを塗りわけ。
シリンダーとキャブを繋ぐインマニ上部のバイパスパイプは省略されていたので追加工作。

DSC02162a.jpg
プラグコードやクラッチ、スロットルワイヤーを追加。実車を参考に配線類を増やしています。
どうしよう?直キャブにするかパワフィルにするか迷いますね(・_・?)

DSC02160a.jpg
今回もチャンバーはアルミワイヤーから作成するので前もってフランジはエンジン部分と
合体させておきます。その方が後々接合しやすいので…

DSC02158a.jpg
4発ばっかり作っていたので2気筒エンジンは小さく作業が早く進みます(楽)
そのぶん何か物足りない感じも…(笑)

次回は吸気系のカスタム。。。

第3回 RZ350改 (パワーフィルター)  

今回はやっぱパワフィルに決定。

DSC02149a.jpg
いつものようにプラ板とテグスを使って再現して行きます。
溶きパテ風呂に漬けてあげて一晩寝かせ…

DSC02152a.jpg
アルミ板などで飾りつけ。

DSC02165a.jpg
レッドとブルーを混ぜたパープルを塗装後エナメルのフラットブラックで筆塗り。
それにしてもフィルターの紙っぽさがまだ上手く表現できません(T_T)助けてくれ~

DSC02173a.jpg
実車なら直キャブでも良いかも知れませんが隙間が生じるのでパワフィルを採用しました。
それと2ストはシビアなので低回転がスカスカになりそうですよね(笑)

DSC02181a.jpg
すっかりおなじみになったインナーフェンダー今回も採用ですよ。
これを付けるだけでカスタム度UP(○゚ε^○)v ィェィ♪

次回はラジエターをいじりたおしますよ(^▽^)/

第4回 RZ350改 (ラジエターカバー)  

初期型のRZの純正ラジエターは結構冷えると聞きます。
逆にオーバークールに悩ませられるほどらしいです。まさにカスタム向き( ̄∀ ̄*)イヒッ

DSC02103a.jpg
なので私もカバーを外しただけのラジエターをチョイスしたいと思います。

DSC02104a.jpg
あらら…( ̄□ ̄;)ギョッ
カバーを外すとツルツルですね。それではSF用のラジエターを使ってメッシュ部分だけを移植します。

DSC02148a.jpg
周りをプラ板で囲いナイフで形を作ります。

DSC02153a.jpg
溶きパテでエッジを出しながらペーパーで少しづつ形を整えて・・・

DSC02188a.jpg
完成~♪カバーを外したおかげでスッキリとしたエンジン周りになりました。
表にはチラっとしか見えないのでサスも純正を使用します。

次回はリア廻りの作業です。

第5回 RZ350改 (必殺!裏返し)  

今回はOVER製XJR用スイングアームを使いますがRZはモノサスです。
前者はツインで後者はシングル。

DSC02072a.jpg
RZのモノクロスサス(正式名称はカンチレバータイプ)はレーサーTZ譲りの
直押しのショックなのでそのまま使うと不都合が多いのよね。できればスタビは上部の方が好ましい。

DSC02074a.jpg
なら反対にしちゃえ!これならカンチレバーのショックがジャストフィットするぞ。。。
でもそうしたらスプロケとリアブレーキが逆になるよね・・・

DSC02076a.jpg
なら切っちゃえ!アームエンドを逆に付け替えればOKでしょ?

DSC02077a.jpg
ほらね~出来たでしょ(o ̄∇ ̄o)ヘヘッ♪

DSC02177a.jpg
簡単にしてるように見えますが必ず歪みや長さ調整を済ませております。
つなぎ目は溶きパテを盛ってバレないように・・・

DSC02192a.jpg
RZはノーマルの状態だとホイールベースが短いのであえてロンスイ化させようと思っています。
この方がバランスが良いかと…

DSC02203a.jpg
それにしてもリアサスはおもちゃ感丸出しですね(T_T)でも良いのです。
完成後は見えませんので・・・でも何だろうこの後ろめたさは・・・(苦笑)

DSC02199a.jpg
ついでにステップ類も取り付け。いつもより早く進んでおります(^^)ニコ

次回はフロント周りの製作に入ります。

第6回 RZ350改 (フロント周り)  

今回はフロント周りを一気に仕上げます!

DSC02078a.jpg
ほとんどのパーツをOVER製XJR用から流用。キャリパーだけはゼファー用のロッキード。

DSC02150a.jpg
もちろん表側だけのピストンなので裏側も造って4ポッド化。
上部はタガネで掘り起こしてディスクローターをチラ見せできるようにします。

DSC02079a.jpg
三又のアッパーブラケットがフラット過ぎて印象が薄かったので少し削りました。
ハンドルのポジションを変更するので一旦穴埋めします。

DSC02183a.jpg
RZ純正のメーターにアルミ板のステーをかましてキーシリンダーをプラ棒で追加工作。
指示器灯などはデカールが無いので筆塗りでそれらしく。。。上からエナメルクリアーでガラス化。

DSC02202a.jpg
今回のRZはアップハン仕様なので、マスターカップ、アクセルテンショナー、ハーネスなど
それに伴う主要パーツを追加工作です。

DSC02208a.jpg
ヘッドライトを取り付けて車体にドッキング。

DSC02215a.jpg
ローターはいつものようにエナメルで汚しを入れてます。フェンダーもOVER製XJR用ですが
RZに似合うように先端をややシャープに削ってます。

DSC02218a.jpg
バーハンのブルーはシルバーを塗った後にクリアーブルーを塗ったのでキャンディーカラーで
結構良い感じですよ。それとグリップ止めに使ったワイヤーは今回から、さらに細い0.56mmの
コードをばらして使いました。精密感が増した感じです♪

DSC02214a.jpg
あとメーターケーブルの位置が違っていたので下部に修正。ヘッドライトにもバルブを追加。
フォークのインナーチューブにはミラーフィニッシュを巻いてます。

次回はいよいよリプレイスチャンバーの製作です。楽しみ~(○゚ε^○)v ィェィ♪

第7回 RZ350改 (チャンバー)  

今回は、いよいよチャンバーを造ります。
今まで4スト用の集合官ばっか造ってきたので正直上手くできるか解りませんが
いつものように「何とかできんじゃねぇ?」位の気持ちで製作を始めましょう(^▽^)/

DSC02082a.jpg
完成イメージとしてはピッカピッカのステンレスタイプのエキパイでクロスさせ
チャンバー室はモリモリでエンドは両方出し(←意味不明'v' プッ)
純正部品は一切使えないのでアルミ線とマスキングパテ大盛りで料理します( ̄ー ̄)ニヤリッ

DSC02084a.jpg
エンジン寄りのエキパイには3mm。サイレンサー寄りの細い部分は1.4mmのアルミ線を使用。
一番ぶっ太い部分は厚めに巻いたマスキングを削りながらパテを追加して少しずつ形を整え
マフラー全体にマスキングを巻いてエキパイを繋いだ感じになるようにペーパーを当てて行きます。

DSC02086a.jpg
形を出してる間にサイレンサーを作ります。私が選んだのは歯間ブラシのキャップ。
だいぶ前にキャップを見て、長さ形が丁度良かったので集めていました。
プラ棒などは決まった太さなので微妙な感じはキャップの方が良かったのですね(笑)

DSC02087a.jpg
前後をプラ板で塞いでその上から溶きパテ風呂に漬けて乾燥後、円形をペーパーで出していきます。

DSC02154a.jpg
サイレンサーエンドの排気口を真鍮パイプを斜めに挿し込みピンバイスでリベット後を付け
チャンバー部分の溶接痕を爪楊枝を使って溶きパテで少し派手目に表現。。。

DSC02221a.jpg
スーパーチタンで塗装後、溶接痕部分をマスキングで巻いてその上からクリアーオレンジや
スモークを吹いて焼けた感じにグラデーション。。。
ステンレスなのにスーパーチタンで塗装っていう突っ込みは無しですよ(;^_^A アセアセ・・・
この分野では良くある事です。それより・・・
ん…( ̄ω ̄;)!!ステンレスのメッキ感が足りないな…NEXTの方が良かったかな(T_T)

DSC02222a.jpg
サイレンサーは今流行のチタン!時代も変わった物です。私の時代はアルミかカーボンでした。
虹色焼け塗装を施して・・・少し派出目に(^^)ニコ

次回は外装ペイントに取り掛かります。

第8回 RZ350改 (ブーメランライン)  

今回は外装をちょこっとプチ改造して塗装まで進みましょう♪

DSC02058a.jpg
純正の燃料キャップでも良いのですが少しスタイリッシュにしましょう。
XJR用のアルミ製の物を使いたいのですが少し加工が必要ですね。

DSC02064a.jpg
ピンバイスで穴を開け徐々に大きなドリルで広げて最後は丸棒ヤスリで整えます。
タンク裏にプラ板を接着したら完成~この時点で塗装後を想像してキャップが少し出るように
溶きパテで調整すると良いでしょう。

DSC02229a.jpg
RZのカラーは最後まで悩みました(;^_^A アセアセ・・・
他のカラーも迷ったのですが、やっぱり最後に選んだのは白地に青×水色のブーメランライン。

DSC02228a.jpg
かなり古いデカールだったので一回目は失敗。。。
予備のもう一台のキットから拝借して何とかなりました。
いつものようにクリアーで段差を無くしてコンパウンドで鏡面仕上げです。

DSC02231a.jpg
Z1-R同様、今回のRZも取り外しができるようにするのでビキニカウルとアンダーカウルも
塗装をしてみました。カウルのスクリーン止めはシルクピンに変更済みです。

次回はシート製作と車体にチャンバーを装着します。

第9回 RZ350改 (タックロールシート)  

今回はシートを造ります。

DSC02107a.jpg
何となく今回の車両にはタックロールタイプの方がシックリ行くのでは?と思い製作を進めます。
いつものようにシートをポリパテで裏打ちして今度は表面を削り、またポリパテで盛り
タックロールの段をタガネで彫り起こしていきます。

DSC02125a.jpg
サフを重ねながら少しづつ形を整えてサイドにナイロン糸を付けて完成~

DSC02233a.jpg
タックロールと言えば「やんちゃ」なイメージがしますが私もいい年なので控えめな感じにね(笑)

DSC02220a.jpg
ショックはノーマルですが見栄えを考えてリザーブタンクを作成。
ライナーとマスキングとジャンクデカールでそれっぽく・・・

DSC02236a.jpg
これで少しは外面が良くなるかな?
サイドカバーをはめればサスは見えなくなるのでOKですよ♪

DSC02146a.jpg
チャンバーは仮組みの段階でステップのステーに合わせて位置決め。

DSC02241a.jpg
おっ!クロスチャンバーですよ(^^)ニコ もう少しステンレスの艶感を出したかったですね(ー。ー)フゥ
この後フランジ部分にスプリングフックを追加します。

DSC02246a.jpg
造った事がある方は解ると思いますがサイレンサーまでの角度って難しいですよね?
私の場合、中にアルミ線を仕込んでいるので取り付け後少しぐらいなら調整ができたので
助かりました(;^_^A アセアセ・・・

さあ、お待たせしました。いよいよ次回で完成です。
3月5日朝9時UP予定~
RZカスタムの仕上がり具合はどうでしょうか(^^)ニコお楽しみに~
1日限定ですがコメント欄も開放しますのでご感想お待ちしています♪


最終回RZ350改 (完成)  

お待たせしました♪RZ350カスタムの完成です(○゚ε^○)v ィェィ♪

DSC02265b.jpg
今まで4気筒しか作って来なかったのでエンジンやマフラーの製作には
かなりの時間がかかっていましたが今回のRZは2気筒という事でスクラッチも割と楽にでき
そのおかげで完成までは二ヶ月かかっていないと思います。

DSC02263b.jpg
カウルを付けた状態でのトータルバランスはまあまあですね(^^)ニコ
やっぱ350には白(青×水色)のブーメランラインが一番お似合いだと思います(o ̄ー ̄o) ムフフ

DSC02297b.jpg
今回初めてチャンバーをスクラッチしましたが集合官を造るより難度は高いですね。
特にクロスタイプは両方のエキパイを干渉させないように削っては車体に取り付けを
繰り返しながら1本1本作って行ったので一番時間を費やすことに(;^_^A アセアセ・・・

DSC02304b.jpg
カウルを外した本来の350もパチリ。ちょいワルなタックロールシートもいい感じ(^^)ニコ
こう見るとスイングアームはシルバー系でも良かったですね。

DSC02292b.jpg
カバーレスのラジエターはRZ通なカスタムだったのでは?(^^)ニコ
チャンバーはステンレスを表現したかったのですが力不足のためメッキ感が足りてません(T_T)
NEXTならどうだったのか?次回に持ち越しです(ー。ー)フゥ

DSC02261b.jpg
今回は泣く泣くアップハン仕様×純正カラーのRZに決定しましたが
セパハン仕様×オリジナルカラーなど製作途中、色々なカスタム妄想が止まりません|)゚0゚(| ホェー!!
できれば後2台ほど作ってもいいなと正直思いましたヾ( ̄o ̄;)オイオイ
このキットを大量に作った子供の頃の私と今現在の私は今も昔も同じ気持ちなのは少し笑えます'v' プッ

RZ350の大きな画像は完成ギャラリーにて公開しています。

1日限定ですがコメント欄も開放しています。カスタムプラモを始めて見たい!けど・・・難しそう・・・。
という方など、どんなコメントでも構いませんので気軽に質問して下さい(^^)ニコ
お待ちしています。

今回のRZ350編が面白かったという方は下の評価お願いします!

▲Page top