ZEPPAN RACING-バイクプラモカスタム工房-

絶版バイクを1/12サイズで現代に蘇らせる製作日記。

第1回 MVX250F改 (ホンダ初の2ストローク車)   

mvx250f1.jpg
ホンダMVX250F。83年ホンダ初の2ストローク車として80年初期から始まったレプリカブームの
流れを受けてデビュー。当時GPレースでブッチ切りの速さで旋風を巻き起こしていた
スペンサーが乗っていたNS500のコンセプトをMVXに投入。
GPレーサー譲りの水冷V型3気筒エンジンは250ccクラスで初めて40馬力超え。

187.jpg
見た目はレーサーレプリカとは程遠い感じ。今見るとネイキッド的なルックス。
というのも当時は改造規制が厳しい時代なのでMVXは十分頑張った方。
ビキニカウルなんて保守的な当時はメーターバイザーとして認可を取ってる位ですから。
当時のホンダとしてはフルカウルとかセパハン仕様にしたかっただろうね。
サイレンサーの短さは置いといて3本のチャンバーは今見ても十分カッコイイ♪

DSC02844a.jpg
だけど鳴り物入りでデビューしたはずが、わずか1年もしない内に製造中止。
販売不振の原因はオイルの過剰噴射による焼付き、後方排気のチャンバーの熱による
バッテリーの電装トラブルなどと言われているけど振り返ってみると一番の敗因は
「スペック」と「斬新さ」がライバル社に比べて明らかに劣っていた。

DSC02982a.jpg
MVXと偶然同じ日(怖)に発売されたRZ250Rはヤマハが誇る排気デバイス「YPVS」を
国産で初めて搭載して当時最高出力の43馬力を引っさげてデビュー。
クラス最高出力を販売促進に考えていたホンダからしてみれば同じ日に3馬力低いマシンを
発売する事になるとは…開いた口が塞がらないとはまさにこの事(T_T)

DSC03012a.jpg
してやったりのヤマハですが数週間後にはホンダと同じ感情にさせられてしまう事に…
ノーマークのスズキからとんでもない化け物が登場してしまうのです。
2ストレプリカでは後発のスズキはRG500ΓレーサーをイメージしたRG250Γを販売。
軽量化された並列2気筒エンジンはクラス最高の45馬力に到達。
さらにアルミフレームに市販車としては初となるハーフカウルまで装備!

DSC03004a.jpg
Γが登場した時は物凄い衝撃的でその話ばっかりで盛り上がっていたのを覚えてる。
今見るとレーサーって感じもしないけど当時としては本物に最も近くなった市販車だった。
とにかく装備も豪華で速くて格好良かった(*^^*)ポッ
衝撃は販売に反映されてΓは爆発的なセールスを記録。
その人気の影でMVXはいつの間にか姿を消す事に…

DSC03015a.jpg
そんな悲運な名車MVXをZEPPAN流にカスタムして蘇らせようかなと。
少なくとも当時のΓやRZ-Rよりはカッコイイバイクに仕上げる事は可能かなと。
まずルックスがどうしてもVT250Fと似てるので差別化するためフレーム改造から入ります。
いきなり間の部分を切断してますが想定内なのでご安心を♪必ずカッコよくなりますので。

次回はエンジンを組みます。

MVX250F乗った事は無いがカッコイイと思う方は拍手を押してね!
スポンサーサイト

第2回 MVX250F改(V型3気筒エンジン)  

国産で初めて90度V型3気筒という変則的なレイアウトのエンジンを採用。
2スト並列ではマッハとかGTとかで3発はあったけどV型での3気筒は初めてだったらから
皆が驚いた|)゚0゚(| ホェー!!

DSC03019a.jpg
GPマシンNS500をイメージしたと言うエンジンレイアウトだけどMVXは90度V型の前2後1
一方NSは112度V型の前1後2で良く考えると結構違う( ̄□ ̄;)ギョッ
軽量化のため絶妙な重量バランスで振動対策をクリアしてるそうです。

DSC03042a.jpg
キットの物には水路からのホースジョイントが省略されていたので追加工作。

DSC03038a.jpg
キャブはノーマルを使いますがパワーフィルターは付けましょう。

DSC03037a.jpg
ふ~ん…純正部品はケイヒン製を使っていたのね。スロットルケーブルのアジャスターを追加。

DSC03061a.jpg
そして完成~

DSC03066a.jpg
今度はキャブに干渉しないようにラジエターホースを取り付けます。

DSC03071a.jpg
ラジエターホースを一括するタンク的な物を追加工作。
さらにクラッチケーブルアジャスターも追加。
これでエンジンはほぼ完成。
後にフレーム内に収めるためにホースとかキャブなどは仮組み済み。

次回はそのフレームにエンジンを載せます。

第3回 MVX250F改 (フレーム補強はカスタム度UP!?)   

純正ラジエターはやや小ぶりなので熱対策のため少し大型化しましょう。

DSC02984a.jpg
左はZX-12R用で右はMVX用。それにしても12R用はデカイですね…それもそのはず
12Rは1199cc181馬力用でMVXは250cc40馬力用ですから、その差も納得。

DSC03033a.jpg
さすがにそのままでは無理なので250cc用に加工します。最初に左端部分をカットして
程よい大きさに削ったら再び左端部分を接着するだけ。

DSC03079a.jpg
適当なマスターカップの上部分を着けてホースジョイントを取り付けたら完成。

DSC03016a.jpg
仮組みの段階でカットしていたフレームの部分に余った銅線を使って新しく補強を入れます。

DSC03044a.jpg
本当はドゥカティみたいにダウンチューブをカットしてトラスフレーム化にしたかったのですが
それだとMVXのイメージが無くなってしまうので残念ながら今回は却下。

DSC03055a.jpg
そもそも何でこのようなフレーム構造に改造したのかと言いますと
もちろんVTとの差別化を図るためではあるけど一番の理由はカスタムパーツなどを
より機械的に見せるため。

DSC03076a.jpg
カスタムではお馴染みのパワーフィルターなどを装着すると純正フレームでは
せっかく造ったのに隠れてしまうので、わざとフレームを切断して見えるようにした訳です。

DSC03084a.jpg
250ccクラスのエンジンなどはコンパクトで部品点数も少ないので大型バイクに比べて
少し迫力不足になりがち、なのでわざと隙間を多くして隠れた部分を見せる事によって
逆に精密感が出るかなと…( ̄ー ̄)ニヤリッ

DSC03086a.jpg
発想力が豊な感じに偉そうに言っていますが本当は実車でこれと同じようにした
フレームを見て単純にカッコイイと思って真似ただけなんですけどね'v' プッ
これだけではMVXとはおもわないでしょ?でも大丈夫最後はMVXになりますから・・・(笑)

次回は足回りの製作です。

第4回 MVX250F改 (スイングアーム加工)   

いつものようにワイドホイールを採用したいのでスイングアームはCB400SFを流用。

DSC03021a.jpg
下部分はMVX用のリンク式部品を移植して上部はスタビライザーを追加します。
形のイメージとしては99’YZR500レーサーのリアアーム。

DSC03027a.jpg
パテを盛っては削る事4,5回でやっと納得する形に(ー。ー)フゥ
スイングアームのえぐり部分は後から装着するであろうチャンバーに干渉しないようにと
削り取ってます。

DSC03040a.jpg
ブレーキ関係のパーツを組んで

DSC03069a.jpg
チェーンを組んだら完成~

DSC03091a.jpg
リンク式のリアサスは改めて追加工作。アクセントでスプリングをイエローに。

DSC03088a.jpg
ホイールは濃い目のガンメタ×エナメルのオレンジでしたが
ひょっとしたら単色の方が良いかな?

次回はF足回りです。

第5回 MVX250F改 (フロント周り)   

仮組みの段階ではセパハンでしたが気が変わってアップハンに変更(ゴメンネ(;^_^A アセアセ・・・)

DSC03034a.jpg
MVXはバイク通な人しか知らない人が多いと思うのでSTDを崩すのは辞めたほうがよいと判断。

DSC03039a.jpg
マスターカップはリア用の小さめを使用。グリップなどはXJR用を使ってます。

DSC03058a.jpg
バーハンドルの塗装は鮮やかなクリアーブルー。

DSC03043a.jpg
FフォークもXJR用。アッパーブラケットにMVXのメーターをステーをかまして接着。

DSC03053a.jpg
アウターチューブは黒塗装、インナーは金のミラーフィニッシュで仕上げます。

DSC03092a.jpg
フェンダーは外装色の基本となるレッドを少し加えたオレンジで塗装。この時点でブレーキ関係の
ケーブルなどは接着しておいた方が後が楽チン。

DSC03056a.jpg
FキャリパーはCBR400Fを流用。密度を上げるため裏側を追加工作。

DSC03094a.jpg
いつものようにトップスタジオ製のホースジョイントに差し替え。

DSC03095a.jpg
ビキニカウルは最後に取り付けますね。

次回はシートの作成です。

第6回 MVX250F改 (私のお尻はべっちょべっちよ!?)   

純正はVF400Fに似た感じのシート
そのままでも十分格好良いのですが少しカスタムを加えます。

DSC03023a.jpg
まずベルトなどは削って…ほんの少しアンコ抜きタンデム部分は若干盛り上げ。

DSC03028a.jpg
夏と言えばバイクですよね♪日差しは熱いけど風が気持ちよくて爽やか(o ̄∇ ̄o)ヘヘッ♪
でも…爽やかでない部分が一つだけあるのですよね…
それは…お・し・り(*^^*)ポッ

DSC03030a.jpg
皆さん夏にバイク乗っていて尻がいつの間にかビッショリって事無いですか?
そんな貴方の為にエンボス加工をします。これで股汁対策もバッチリ(○゚ε^○)v ィェィ♪

DSC03102a.jpg
何がイエイ♪なのかさっぱり判りませんが(;^_^A アセアセ・・・
とりあえずZEPPAN流スプリームシートの完成です♪

DSC03106a.jpg
足回りを組んで車体も完成。

DSC03104a.jpg
段々と様になって来ましたよ(o ̄ー ̄o) ムフフ

次回は外装ペイントです。

第7回 MVX250F改 (外装ペイント)   

大まかにMVXとVTの共通するパーツはコムスターホイールとインボードディスク、
ビキニカウル。真正面から見ると区別が付かないのも当然。

DSC03018a.jpg
差別化するために一体化したウィンカー部分をパテで埋めてフラット化。
本当なら削ったり埋めたりして形を変えたかったのですがそれだと余計に
MVXとは判らなくなってしまうので却下。

DSC03046a.jpg
ベースホワイトはやや厚めに塗装。理由は重ねるカラーパターンの修正をする時
コンパウンドを使うため。厚めに塗らないと下地部分まで削ってしまうから。

DSC03047a.jpg
はみ出た部分をコンパウンドを使って消して行きます。この場合も
重ねるカラーの塗装は気持ち厚めに。細かい部分の修正は先のとがった綿棒を使うと楽チン。
筆塗りでも良いのですが最後の手段として考えた方が良いですね。
やっぱり仕上がりに影響してきますので。。。

DSC03098a.jpg
純正カラーはレッドですが今回はオレンジを強めに少し個性をだしましょう。
燃料キャップもXJR用を加工取り付け。

DSC03097a.jpg
ヘッドライトにイエローバルブ追加、レス化したウィンカーはZ1-R用のスモールタイプに変更して
サイドカバーはカーボン調に塗装済み。使わないであろうアンダーカウルも念のため塗装しました。

次回は2スト最大の魅力であるチャンバーの製作です♪
何せ3発ですから迫力のあるヤツを造りますので楽しみに~( ̄ー ̄)ニヤリッ

第8回 MVX250F改 (チャンバー)   

MVXの純正チャンバーは全部で3本。250で3発というとKH250をまず思い浮かべるけど
KHは並列。MVXはV型。それも前2後1という変則的な配置。この当時のホンダは
VT250FとかVFシリーズ(400、750)でV型の2気筒と4気筒は造った経験があるけど
3気筒は初めて。それ以前は4ストに力を注いでたため2ストローク車は未経験のまま
時代は空前の2ストブームに突入。

DSC03026a.jpg
2スト初のV型でしかも3気筒。250ccの小柄なフレーム内にチャンバーをいかに収めるか
3番チャンバーのうねりを見ると当時のホンダの苦労が伝わって来るね|)゚0゚(| ホェー!!
3番は純正を使用して、それ以外の2本は電線とアルミ線を使って作成。

DSC03025a.jpg
純正のサイレンサーは少し短く太すぎるので細めのタイプに変更しましょう。
使用するのはWAVE製の外径4.5mmプラパイプ。ニッパーだとヒビがはいるので切断は
オルファ製などのノコギリなど使うとヒビが入りにくくて使いやすいです。

DSC03035a.jpg
チャンバーの繋ぎ目部分にはテグスを使って溶接痕を付け
サイレンサーエンドには真鍮パイプで排気口を作成。

DSC03050a.jpg
塗装はシルバーベースで下地を作りクリアー系のブルー、レッドで「青焼け」のベースを塗装。
マスキング後スーパーチタンを塗装してクリアー系のブラウンやオレンジを使いながら焼けの調整。

DSC03118a.jpg
純正の場合は大人しめな感じだったので迫力を出すためにクロス配置。

DSC03120a.jpg
サイレンサーはハセガワのカーボンシート。型紙を最初に作ってから
サイズを切り出した方が楽ですよ。トップスタジオ製のエッチングも使ってデティールUP。

DSC03114a.jpg
私なりのチャンバー作成のコツは仮組み段階で足回りやフレームなどに干渉する無く
それでいてなるべく隙間ができないように配置する事ですね。排気管は隙間ができると
格好悪くなってしまうので一番気を使う大事なポイントだと思います。

DSC03119a.jpg
どうですか?(o ̄ー ̄o) ムフフ ケツから見た3本の誇らしげで迫力のあるチャンバー
ここから大量の白煙と大量のオイルを後方ライダーに浴びせてあげましょう(笑)

次回は最終回です。2ストなので製作ペースが早いですね。。。
どんなMVXが見られるか楽しみに待っていてくださいませ!

※更新日は10月22日(水)AM9時予定です。
コメント欄も開放しますのでご感想お待ちしています。

最終回 MVX250F改 (復活!ホンダ初の2ストバイク)   

約1ヶ月と20日ほどのスピード製作で完成です(o ̄ー ̄o) ムフフ


DSC03216a.jpg
MVXらしさを残しつつも細かい部分のパーツはちゃっかりカスタムしてる感じに仕上げました。

DSC03212a.jpg
フレームの形を変更したのはカスタム密度を上げるためでしたがMVXを知らない人が見れば
これが純正だと勘違いするほど違和感が無い雰囲気でGoodですね♪

DSC03179a.jpg
当初の計画はセパハン仕様でしたがリアテールが尻上がりなのとビキニカウルを
考えてアップハンの方がバランスが良いと判断。STDも崩したくなかったので結果的に正解。

DSC03206a.jpg
リアビューから見ると純正よりも迫力が増した感じが判ります♪チャンバーも長すぎず
短すぎない丁度良いバランスで満足(o ̄ー ̄o) ムフフ
ただスイングアームはのっぺりし過ぎていて物足りない感じ( ̄ω ̄;)!!

DSC03192a.jpg
VTとの差別化のためにウィンカーレス化したカウルですが知らない人が見れば
やっぱりVTの顔ですΣ( ̄ロ ̄lll) ガビーンというよりもVF400Fの顔になってる感じ(笑)
でもここはしょうがない!変えると全体がMVXに見えなくなる可能性が出てきますので…
ここがカスタム製作の難しさでもあるし面白さでもあります(^^)ニコ

DSC03202a.jpg
好みはバラバラなので私が造るようなカスタムが好きでない方も含めても
間違いなく当時のΓやRZには負けないルックスになったとは思いますが…
ネイキッドでもないレーサーでもないMVXですが少しカスタムしてあげれば十分カッコイイ
バイクなんだなと改めて感じました。当時のホンダさんもこういった感じで発売してれば
絶版にならずに済んだかも知れませんよ(笑)
でもこの苦い教訓があったからこそ後に出る“名車NSR250R”が生まれたのも事実。
失敗を恐れないホンダのチャレンジスピリットには脱帽ですね|)゚0゚(| ホェー!!

MVXの大きな画像は完成車両ギャラリーにて公開しています。
また数日間ではありますがコメント欄も開放してますのでバイク好きカスタム好きな方は
集まって下さいませ(^▽^)/
※コメント欄はブログトップ上部にあります。

「MVX250F編」が面白かったという方は評価をお願いします。

▲Page top