ZEPPAN RACING-バイクプラモカスタム工房-

絶版バイクを1/12サイズで現代に蘇らせる製作日記。

大事なお知らせ…  

さてさて…我がZPPAN RACINGも製作を開始して早3年が過ぎました。

当初は子供の頃に出来なかったカスタム製作が思った以上に上手くできるようになり
実車では何百万するようなカスタムパーツ類でもプラモなら1/100以下と費用がかからず
なおかつ自分好みのバイク仕様にできる事が楽しくて結構ハマリました(^^)ニコ
でもね…どんなに上手くカッコイイバイクを造っても何かやっぱ物足りない(・_・?)
その物足りない原因が最近やっと判りました。

それは… 「動かない」 |)゚0゚(| ホェー!!

バイクの魅力はルックスも、もちろん大事ですがやっぱり乗るのが一番の魅力。
風を感じながら走る爽快感やバイクの排気音の響きとかは乗って初めて気持ち良さが伝わるもの。
模型にはこれが無いのですね…今、私に足りないのはこの「気持ち良さ」

なので思い切って買っちゃいました↓
248536d1338417793-what-kind-motorcycle-do-you-have-want-have-honda.jpg

あっ画像間違えた'v' プッ 買えないって言うか市場にも中々出てこないって(笑)
本当はこれ↓

IMG_0251A.jpg

皆さん知ってます?ちっちゃいでしょ?原付ですよ。原付でも2種の方。
ホンダのグロムと言う124cc単気筒のバイクで4ミニ業界では
ポスト「モンキー」は間違いないと言われてる程の人気車なのです。
旧車好きな私がFi車を選ぶとは「どうかしてるぜ!」と突っ込まれそうですが
グロムのカスタム車を見て一目惚れしてしまったのですね(*^^*)ポッ

IMG_0324a.jpg

どうせ買うならKTMの125DUKEも良いなと考えましたが50万近くする価格と
ルックスを含めた完成されたマシンスペックだと飽きるのも早いかなと思い
30万ちょいで乗れてカスタムパーツの多さと将来性を考えてグロムに決定~
どうせ50万出すならカスタム費用に20万使った方が楽しいと思ったから。

IMG_0331a.jpg

納車して3日後に社外マフラーを取り付けてしまったのでノーマルからの変化が
イマイチ良く判りませんが音だけは爆音に変わっちゃいましたね(;^_^A アセアセ・・・
抜けを良くするためにバッフルを外そうとも思っていましたが
付けてこれじゃ常識のある大人の乗り物としては考えると取れないよね(T_T)

IMG_0334a.jpg

新車とヘルメットで諭吉35枚の出費(T_T)3年分のへそくりが一気に
無くなってしまったので、しばらくはどノーマルで乗ろうかな♪
…と思っていましたが1週間でこの有様です(もちろんカード返済(T_T))
私の世代はノーマルで乗ってるのが恥ずかしいと思っちゃうので
我慢できませんでした(笑)でもカッコイイでしょ♪

IMG_0330a.jpg
とりあえず人前に出して恥ずかしくない程度にカスタムしたつもりですが欲望は怖いですね…
ハイカム、サブコン、5速クロスミッション、ボアアップetc・・・
欲しいパーツは沢山ありますが天井しらずのカスタムパーツの多さにお財布が付いていけません。

まあ10年は乗ろうと考えてるのでのんびり弄って行きたいと思います(笑)

4ミニカスタムやってるよ~という方は拍手を押してね!
スポンサーサイト

模型技術を使ってヘルメットを塗装する。  

バイクに乗るようになって模型を触る回数が極端に減り次回作のUPが追いつかなーい(T_T)
3月前半には完成してるハズですがその間、何も記事が無いのは寂しいよね?
なので模型とは少し離れた内容の記事になるけどUPして行きたいと思います。

今回は「模型技術を使ってヘルメットを塗装する」の巻

バイクと一緒にフルフェイスのメットを買ったのは良いけど沖縄の真夏にはかなり厳しい(T_T)
あとコンビニとか行くときもイチイチ脱がないといけないのもかなり面倒くさい。
やっぱジェットヘルも1個あったら便利だろうな~
個人的にはアライのジェットヘルがカッコイイけど予備のメットにお金は掛けたくないし…

しょうがない…造りますか( ̄ー ̄)ニヤリッ

IMG_0340.jpg
近くのホームセンターで4千円で売っていた激安ジェットヘル。
アライの一番安いジェットタイプでも2万6千円するので激安さが少し心配(;^_^A アセアセ・・・
安さよりも気になるのが単調なシルバーカラー。これではダサすぎて被れないよ(T_T)
という事で塗装開始(o ̄ー ̄o) ムフフ

IMG_0341.jpg
ヘルメットの塗装はもちろん初めて(*^^*)ポッ
まずゴムと内側の部分が汚れないようにマスキングします。本当はゴム部分も取った方が
もっと綺麗に仕上がるはず。でも再接着が面倒くさそうなので省略。
まあ4千円のメットなので失敗は気にしません。表面のクリアーは
320~600番のペーパーでヤスってます。
あと念のため全体にサーフェィサーを吹いておきます。これで食いつきが良くなるはず。

IMG_0342.jpg
ベースはブラック。模型と違って量がハンパないので1本200円の激安缶スプレーを使用。
メットの中心にシルバーのラインを入れましょう。この後にパターンラインを入れるので
捨てクリアーを吹いておきます。

IMG_0343.jpg
パターンラインはガンメタルを吹くのでそれ以外をマスキング。今回のデザインは左右非対称の
アシンメントリーカラーで決めるので反対側は正反対のマスキングをします。
ガンメタ塗装は模型用のエアブラシ使用。

IMG_0344.jpg
反対側はブラック部分が広いので文字を入れておきましょう。
本当はフリーハンドペィンティングを考えていましたがある有名なアーティストの
動画を見てあきらめました|)゚0゚(| ホェー!!(神技です)
ここはシンプルにマスキングシートをナイフでカットします。

IMG_0345.jpg
うーん(・_・?)やっぱカッティングシートがベストですね(T_T)
はみ出したところを修正したら段差を無くすためにクリアーを重ね続けます。
何本使ったか覚えてませんが缶スプレー1本はまるまる使ったかも。

IMG_0476a.jpg
段差が無くなるまでペーパー掛け(320~600番)をしたらゴム部分を少し剥がして溝の部分を
筆塗りでクリアー塗装。すき間部分から塗装が剥がれないように・・・
そして最後にウレタンクリアーを塗装。吹きっぱなしの方がはるかに光沢がありますが
缶スプレータイプを使ったので圧が一定せずまだら模様がつきやすく難しいかも。
ペーパー掛け(1000~1500番)してタミヤのコンパウンドで鏡面仕上げです。

IMG_0477a.jpg
今回使用したウレタンは使いきりタイプなのでヘルメット1個だけでは1/4程度しか消費しません。
それと缶スプレーの2液タイプは13時間後には固まってしまい使えなくなってしまうので
他にクリアーしたい物と一緒にまとめて塗装した方が無駄がなくて良いかも(^^)ニコ

IMG_0474a.jpg
1/12バイクプラモなら手だけでもコンパウンド磨きはできますが、さすがにこんな広い面積の
物を磨くのはかなりキツイ。。今回は電動ドリルに挿すタイプのスポンジで作業の半分は楽しました(^^)ニコ
近くのライコランドにアライのステッカーが無くショーエイのステッカーを貼ってなんちゃって仕様♪
ゴム部分とのすき間にウレタンクリアーの白い部分が残っていますが後で筆塗りで修正してあげれば
問題ないですね。

今回のヘルメット製作に掛かった費用は…
無名ブランドのヘルメット4320円
缶スプレー3本(シルバーブラック、クリアー)1300円
ウレタンクリアー1/4使用500円
その他1800円
合計=7920円
メット本体に+5千円以内でカスタムペイントできるなら自分で塗装してみるのもアリかも(*^^*)ポッ

次回は余りそうなウレタンクリアーだったのでバイクの外装を思い切って塗装してみましょう♪

模型技術を使ってバイク部品を塗装する  

前回に引き続き模型で磨いた塗装技術を本物のバイクにも応用してみましょう。


純正のグロムは倒立Fや前後ディスクB、デジパネなど価格の割には豪華なパーツが多いけど
その逆にコスト減のパーツ類も多い。その代表格が樹脂製のパーツ。

IMG_0348.jpg
これはシュラウド下部の樹脂製カバー。アーマオイルなどの保護剤で拭けば艶が出て独特な
艶消しブラックでこれはこれで綺麗な色ではあるが雨にさらされたり経年劣化すると白く
変色したりして見栄えが悪くなるのが難点(T_T)

IMG_0350.jpg
という事で保護も含めて樹脂製パーツをまとめて塗装してしまおうと思います。
ただ単に艶有りブラックでは面白くないので一部のパーツは「カーボン風」にします。
カーボン柄といっても本当にマスキングで再現するとかなり面倒くさいので均等に
斜めにテープを貼りメタルブラックで吹き付け。

IMG_0353.jpg
樹脂製の艶消しパーツは表面の凹凸があるのでクリアーを多めに重ねて間にペーパーを
当てながらツライチに。最後にウレタンクリアーを塗ります。このままでも艶がありますが
鏡面仕上げにするためにペーパーを当て車用のコンパウンドを使ってひたすら磨きます。

IMG_0352.jpg
どれぐらいだろうか…2時間以上?おかげ様でここまでピカピカに(o ̄ー ̄o) ムフフ

IMG_0443a.jpg
アクリル系の塗料はガソリンに弱いと聞いていたので念のためウレタンクリアーで仕上げ。

IMG_0444a.jpg
下部パーツは2.5mm幅のマスキングでカーボン風。純正と比べても違和感のない仕上がりかな?

IMG_0445a.jpg
ヘッドライトカバーはブラック一色。艶なしよりも断然艶ありがカッコイイと思う(*^^*)ポッ
シュラウド内のカバーはあんま見えない部分なのでウレタン拭きっぱなしで割愛です。

自家塗装も済んで小物パーツもちょこちょこ取り付けた2015年2月6日時点の最新のグロムをお披露目しましょう!


前回紹介した後にブレーキクラッチ両レバーとマスターキャップ、ライトカバーのボルト、Fブレーキプロテクターなどの
ドレスアップ中心にパーツ交換どれも激安品ばかりwwwこういう小物ってピンキリだから怖いよね。

IMG_0508a.jpg
今回の塗装で一番時間がかかったのがリアフェンダー。凹凸を無くすのにどれだけ缶スプレーを使った事か(;^_^A アセアセ・・・
既製品のフェンダーが1万もするので自家塗装だと2千円もしない予算で済むから文句は言えない。

IMG_0505a.jpg
エンジンはノーマル。多分しばらくはノーマル。ボアUPキットも色々出て来たけどヘッドが発売されないかぎり
激変する程のパワーUPは今現在望めない感じ。あとエンジンだけデカくしても吸気が追いついてなければ
変わるはずもないのでインジェクター、インマニ周辺、燃料ポンプとかの吸気パーツが発売されないとFI車は厳しい?
と言うよりこの系統のバイクに速さを求めるのは無理難題でしょヾ( ̄o ̄;)オイオイ

IMG_0511a.jpg
グロムの中で一番のお気に入りはこの二本出しUPマフラー。社名はLCIという主にスリップオンを販売してる
メーカーだけどグロム用はステンレスのフルエキでサイレンサーはカーボン。取り付け説明書など入ってない
怪しい会社の物だけど性能は抜群( ̄ー ̄)ニヤリッ 1速と4速は大した事はないけど2速、3速は後ろに
引っ張られるほど力強くなった感じ。残念ながら純正のマフラーと比べた事がないので元々持ってるエンジンの
特徴なのか交換したおかげなのか定かではないけど下も上もパワーダウンした感じはしないので良し♪

IMG_0503a.jpg
あと音量がカッコイイのも良し♪付けた当初は騒がしいと感じたが今では心地よい音色に感じる(不思議だね~)
2速で走行中のエンブレの音が最高に気持いい(*^^*)ポッ

IMG_0501a.jpg
現状ではどんなに頑張ってもPCX125とかには速さでは勝てないと思う。むしろ12インチタイヤを生かした
切り返しのし易さとか4速のクロスミッションに交換して1~4速まで使えるようにした方が走りが楽しくなるかも。

IMG_0492a.jpg
これから先のカスタム予定はバックステップとか長距離の時にケツが痛くなるので気に入ったシートが発売
されたら交換したいと思ってます♪またいつかご報告する日が来ると良いですね(^▽^)/

▲Page top