ZEPPAN RACING-バイクプラモカスタム工房-

絶版バイクを1/12サイズで現代に蘇らせる製作日記。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回V-MAX改(直線番長!?)  

過去最長の5ヵ月を費やしたCBも完成してしばらく模型から離れたいと
思っていましたがホビコムメンバーさん達の交流も楽しく再び制作意欲が
沸いて来ましたので次の車両に取り掛かりたいと思います。

9x8gf-2001_VMAX1200_20avant_20gauche.jpg
ヤマハV-MAX。1985年にドラッグレーサーを意識したデザインと6000回転から
ツインキャブに変わる「Vブーストシステム」を搭載。最高出力145馬力という
当時のレーサーレプリカ以上のスペックを備える怪物マシンとして人気車となりました。

VMAX01.jpg
あくまでも145馬力というのは北米仕様の場合。90年に出た国産仕様の場合はVブースト無しの
100馬力以下に抑えられて販売開始しました。どうしてもVブーストのイメージが強いので
購入する側としては少しインパクトが弱くなったかも知れません。
当時は馬力規制もシビアな時代だったのでしょうがないですね。
ちなみにこの後に出た新型V-MAXの逆輸入仕様は1700ccで最高出力は200馬力ですって( ̄□ ̄;)ギョッ

VMAX04.jpg
製作する前に言うのはズルイ感じがしますがV-MAXは「ノーマル」が一番カッコイイと思います。
逆に考えるとカスタムしてカッコ良く見せるには難しい車両だという事。
ビラーゴに共通するヤマハのデザインのせいだと思うのですが横に長いのか縦に長いのか
ハッキリしない所がカスタムする上で難点になってる気がします。

VMAX02.jpg
90年初期400ccアメリカンブームの頃、スティードのカスタム車は大人気でしたが
ビラーゴ400のカスタム車はほとんど見た事がありませんでしたね。
ビラーゴのデザインを伝承したV-MAXもかなり手強いと思いますが私の頭の中では
もっと格好良くなりそうなので模型で再現してみたいと思います。
ご期待下さいませ!
V-MAXが好きだ!という方は拍手を押してね!
スポンサーサイト

第2回V-MAX改(マフラー、リアサス他)  

仮組みを何十回も行ないましたが理想のスタイルになるにはかなりの変更点が…
でも悩んでいても、らちがあかないのでここはひとまずマフラーから造っておきましょうかね…

VMAX07.jpg
ヤマハのMT-09やKTMデュークみたいなダウンマフラーにしたかったのですが
V型4気筒のエキパイやドライブシャフトのスイングアームだとエキパイの取り回しは不可能(T_T)
しょうがないのでベタですが集合官に変更します。でも今回は4-2-1タイプです。

VMAX08.jpg
うわ~面倒臭そうなマフラーの取り回しですね(;^_^A この段階で仮組はしっかりしておかないと
いざ最後にマフラーを取り付けた時に合わないとなると全部がパーになるので慎重に…
並列のマフラーに比べてV型エンジンの集合マフラーは難しいです。エキパイ4本とも
別離して取り付けないといけないのでハードルは少し高くなります。

VMAX10.jpg
それと今回のVMAXはフレームにも手を加えたいと思います。どう考えてもリア周りが重そうなので
タンクごとゴッソリぶった切ります。2mmのアルミ線でフレームを追加。
燃料タンクは後で蓋をしておきますね。

VMAX09.jpg
ついでにツインショックも重そうなのでこの際モノサスに変更します。VMAXの独特な
タンク位置のため追加したフレームの間にかジョイントする場所がありませんでした。
実車だと強度的にどうだろう…持たないかな?ウーン (Θ_Θ;)

第3回V-MAX改(リアテールカウル)  

V-MAXの人気が思った以上に大きいのでカスタム制作も手を抜けませんな(;-_-) =3 フゥ

VMAX05.jpg
リア周りが重いVMAXですがシートもスッキリしたいですね。
純正シート後方部分下を削りテールカウルを追加してみたいと思います。
まずは削った部分に裏側からプラ板でベースを作ります。

VMAX06.jpg
シートとカウルはツライチではおかしいのでベースにコマ切れのプラ板を被せパテを盛って
カタチを出して跳ね上げた感じのリアテールにします。

VMAX15.jpg
鋭角的なフレームに変更したのでそれに伴ってサイドカバーも形状を変更します。
ここはできるだけ隙間がない方がカッコイイと思うので丁寧に進めておきましょう(^^♪

VMAX11.jpg
おっ!マフラーも段々と密度が上がってきましたね~しかしリアをスッキリさせてしまったので
細いスイングアームが逆に目立って来ましたよ。しょうがない
ここも手を入れましょうか…(;-_-) =3 フゥ

第4回V-MAX改(リアホイール、スイングアーム)  

VMAX14.jpg
サスペンション、フレームの変更で少しづつ“軽さ“が出てきましたが何かまだ足りない感じ。
他社ホイールも考えたけどホイールは15インチぐらいかな?このドラッグタイヤはカッコイイ♪
生かしましょう( ̄ー ̄)bグッ!

VMAX16.jpg
簡単な方法でキャストホイールの間を削ってスッキリくっきりに。
何かインチUPしたみたいな錯覚で( ̄ー ̄)bグッ!

VMAX17.jpg
前回、気になった頼りないRアームをパテでモリモリ~ドライブシャフトなので
あんまりゴツくできないのでこれぐらいが限界かも…?

VMAX20.jpg
リアはスッキリさせましたがフロント側は逆に重めな感じにしたいですね。
重いというより前に前にって感じ…(伝わりにくいかな?)

VMAX21.jpg
軽さを出したら今度はエンジンが重く感じて来ましたね…(;-_-) =3 フゥ
これがカスタムの難しいところ…まぁ何とかなるでしょう・・・
カスタムはトータルバランスが命ですからあせらず進めて行きましょう♪

第5回V-MAX改(サイドカバー)  

VMAX23.jpg
サイドカバーですが何とかここまで仕上がって来ました。なるべく隙間がない方が理想です。

VMAX39.jpg
なるべくSTDを崩さず違和感のない感じに・・・変えた事を気づかれないのが理想です。

VMAX28.jpg
出来の良いエンジンですがラジエターホースが一体化してますね。

VMAX33.jpg
ラジエターホースをプラパイプなどを使って作り直しました。
これは気づかれた方が理想です(#^.^#)

VMAX34.jpg
フレームステーを追加して全体にサフを吹いてバランスチェック。でも何か普通(-_-;ウーン
うわぁ!…トラスフレームにしたい衝動が…(@_@;)
馬鹿っ!・・・やめろ!それじゃV-MAXじゃなくなるぞ(笑)

第6回V-MAX改(エンジン完成)  

VMAX42.jpg
サフを吹いて全体をチェック…割と精密感のあるエンジンですがキャブのインマニ部分が
省略されてるみたい。そこを重点的に修正していきます。

VMAX45.jpg
ナット類を追加して少しだけデティールUP。本来ならこの部分にカバーを被せますが
精密さを出したいのであえて内部分を作りました。

VMAX47.jpg
エンジン全体を艶消しブラックで塗装してメッキ部分はハセガワのミラーフィニッシュを張りました。
思ったよりフィンも薄くなかったので綺麗に張れましたよ~♪

VMAX46.jpg
艶消しブラックに正反対のメッキ調を加えるとコントラスト差が出るので
ちょっとはゴージャスな感じに変身したかもwww

第7回V-MAX改(タイヤ前後)  

VMAX44.jpg
リアは純正ですがフロントはXJR用の5本スポークを少しブーメランぽく削って流用。
タイヤの方はトレッドパターンも似ていたので違和感はなさそうです。

VMAX35.jpg
スイングアームは最終的にこんな感じに落ち着きました(;-_-) =3 フゥ
省略されていたボルト類も足して置きましよ。

VMAX53.jpg
チェーン駆動も考えてましたがそれだとV-MAXらしさが半減しますよね?
あんま考えるとやっちゃいそうなので…進みます。

VMAX52.jpg
片側がドライブシャフトなので思い切った形状のスイングームが組めませんでした。
本当はガルアームなんか組んだらカッコイイと思うのですが・・・
いや!これも深く考えるのをやめましょう。

VMAX51.jpg
早々にエンジンをフレームに組んで置きました。ただ本組みじゃなく後方部分はこの後
リアホイールを組むので接着はしておりません。キットのエンジンとフレームの間は
かなりの隙間が空いています。このキットの欠点ですが、なるべく隙間埋めのため
省略されてあるラジエターホースや配線類を足して違和感をなくす方向にもって行きたいですね。

第8回V-MAX改(マフラー完成)  

VMAX27.jpg
マフラーのエキパイはチタンを連結してつなぎ合わせた感じに見せたいので
表面にマスキングを巻きます。後は2、3回サフを吹いて段差を少し残すように
ペーパーを掛けます。

VMAX48.jpg
つなぎ目周辺にクリアーオレンジとスモークで焼け塗装。仕上げにエナメルの
フラットブラックを筆塗りで色合いを調整して終了。

VMAX49.jpg
溶接部分をハセガワのミラーフィニッシュの細切りにした物を巻いて今回はナイフで
ギザギザに切り込みを入れました。ツルツルよりは少しマシかな。

VMAX54.jpg
いつもの並列エンジンじゃないのでエキパイは4本ともバラ付け。リア周りを組んでから
集合部とサイレンサーを取り付けます。

VMAX55.jpg
この段階でもリア周りを念のため取り付けエキパイがちゃんと集合マフラーと違和感なく
接着できるか確認しながら作業を進めて行きます。ここは急いでは絶対に行けない所です。
フレームを完全接着すると後方2つのエキパイは外せないのでね…(;-_-) =3 フゥ

第9回V-MAX改(リア足周り完成)  

VMAX56.jpg
完成したマフラーの仮組みも終わり、リアの足回りを組んで後方フレーム部分を接着します。
これで後方エキパイは取り外せませんよ大丈夫か俺?(;-_-) =3 フゥ

VMAX57.jpg
そして次にモノサスを取り付け。これもしっかり仮組み済みなので安心♪

VMAX58.jpg
アブソーバー長が短い!…燃料タンクが無ければもっとましなショックが付けれたのにな~

VMAX41.jpg
そんなドレスアップのために削られたタンクは蓋をしめてやりました。半分近く削ったので
容量は多分8 Lないぞ。こりゃコンビニ専用最速マシン決まりだな( ✧Д✧) キラーン

VMAX60.jpg
これも仮組みをしっかりしておいたので蚊も通らないほどピッタリです。
皆さん仮組みは忘れずに(⌒~⌒)ニンマリ

第10回V-MAX改(小物パーツ)  

VMAX62.jpg
ラジエターサイドのリフレクターはシルバーの上にエナメルクリアーオレンジを乗せて。

VMAX63.jpg
プラ一体化してあったラジエターホースをゴムに変更。ついでに省略されてあるホースも追加。

VMAX66.jpg
こちらも省略されてあるクラッチレリーズを追加。

VMAX68.jpg
アルミ線×六角プラ棒×ランナーで作成。

VMAX64.jpg
隙間埋めのためカプラーなども作成。

VMAX65.jpg
どうでしょうか?強調せず目立たずって感じに…

第11回V-MAX改(フロント足回り)  

VMAX38.jpg
ハンドルはCB400SF用を使います。マスターシリンダー部分をチョイ改造。

VMAX73.jpg
V-MAXはダミータンクにメーターが付いてますが今回はデジタルメーターも追加。
XJR400RⅡ用に今回はカプラーまで造りました。ちょっとデカい(・_・?)

VMAX75.jpg
V-MAX純正の小さめのヘッドライトは採用しませんでした。倒立に丸目ライトにデジパネ…
何てバランスの悪い組み合わせでしょうか…(-_-;ウーン
大丈夫…後でカッコ良くなりますのでどうか心配なさらずに(⌒~⌒)ニンマリ

VMAX30.jpg
細かいパーツもこだわりますよ。フェンダーステーもワンオフで作成。

VMAX72.jpg
XSR900をモチーフにして…少しは個性を出さなくちゃね(#^.^#)

VMAX76.jpg
ニッシンのキャリパーには青パッドも追加。

VMAX74.jpg
一見完成に見えますがまだまだこの後にサプライズが待ってるのでお楽しみに~♪

第12回V-MAX改(シート、ダミーカバー)  

VMAX40.jpg
サフを重ねて立体感を出しましたよ。純正はゴツめなアメリカンタイプなシートですが
レーシーな感じにするために下半分根こそぎカット( ✧Д✧) キラーン

VMAX85.jpg
テールランプはXJR用を加工。テールカウルはプラ板で追加してスマートな感じに。

VMAX31.jpg
インティークカバーはそのままでも良かったのですが少し変化を持たせたかったので
くり抜き改めてプラ板で作り直しました。

VMAX32.jpg
ヤマハロゴはデザイン変更のため埋めました。そしてサフを吹いて整え
エアインテークの裏側にはメッシュを張り…

VMAX87.jpg
ブラック塗装後にシルバーのヤマハロゴを張りスモークを塗装後
段差を無くすように捨てクリアーの後、粗めのコンパウンドで半艶な感じの質感にして仕上げました。

第13回V-MAX改(カウル制作)  

VMAX13.jpg
あれ?言ってなかったけ(o ̄ー ̄o) 今回のV-MAXはビキニカウルを取り付けるよ。
ベースはRZ350に入ってるヤツ。ほとんど原型がわからなくなる位にポリパテ盛っちゃってますが。

VMAX12.jpg
お分かりの方はご存知でしょうがRZ付属のカウルは前方に凹みがありまして
それを消して行きたいと思います。
バキュームってやつをやった事が無いので仕方なく付属のスクリーンをクリアーで時間をかけて
盛って固めて行きます。完全に乾燥するまでかなりの時間が…(;´ρ`) グッタリ

VMAX19.jpg
毎朝、花に水をあげるようにスクリーンにもラッカークリアーを塗り重ねてあげました。
これで2週間ぐらいかな?あとはペーパーとコンパウンドで整えたら終了。

VMAX37.jpg
形成途中ですがカウルとスクリーンを接着します。後はスクリーンとカウルの段差を少し残すように
スクリーン部分のみマスキングしてサフで整えて塗装に入ります。

VMAX43.jpg
スクリーンのマスキングはそのままで下のカウル部分をメタルブラックで塗装。
正面にヤマハロゴを張って捨てクリアーで段差をなくし

VMAX84.jpg
今度はカウル部分をマスキングしてスクリーン部分をスモークを重ねながら濃度を調整。
リベットはインセクトピンで筆塗りブラック塗装。スクリーンはプラ板じゃないので
やや濃いめの感じですがうっすらと受け側が見える感じに塗装しました。

VMAX82.jpg
サイドカバーは下半分が艶消しブラック塗装。これですべての外装が完成しました。

思った以上にラッカー盛りスクリーンの出来が良かったのでバキュームが無理だという方は
試してみてはどうでしょう?色はダークスモーク以上が条件となるけどね…(-_-;ウーン

第14回V-MAX改(マフラー、フロント足回り取り付け)  

VMAX69.jpg
いよいよ制作もクライマックス!4本のエキパイを組みつけますよ緊張するな~(Θ_Θ;)
合いますように合いますように合いますように…

VMAX70.jpg
じゃじゃ~ん!どんぴしゃ(* ̄Oノ ̄*)ホーッホッホ!!

VMAX77.jpg
フロントも取り付けてと…どうですか?バランス的には悪くないと思いますよ(^^♪

VMAX79.jpg
エキパイと集合部を取り付けてからフックとスプリングを足しました。一発勝負ですよ
失敗したら塗装のやり直しはほぼ不可能です(´▽`) ホッ

VMAX81.jpg
反対側のフランジと集合部分はほんの少し隙間が空きましたがこれ位はしょうがないかな。
エキパイがバラ付けなので修正も難しいので諦めますウーン (Θ_Θ;)

VMAX88.jpg
バックステップも追加。それにしてもやっぱV‐MAXのエンジンは迫力あるよね(⌒~⌒)ニンマリ

VMAX90.jpg
前に造った外装とスリム化したシートそしてV-MAX専用のビキニカウル。
装着した感じはどうなりますか?皆さん完成UPまでそれぞれ妄想して楽しんで見て下さいませ(#^.^#)
次回はいよいよ完成ですよ♪お楽しみに~UPは8月3日(水)朝9時予定です~

最終回V-MAX改(完成♪)  

ようやく完成しましたよ。まあ、ほとんどがビキニカウルの制作時間でしたが…(;´ρ`) グッタリ
見てやって下さいませ(o ̄ー ̄o)

VMAX108b.jpg
第一印象はMT-09の流れを受け継ぐストリートファイターって感じですかね?
V-MAXの定番のLow&Lowなドラッガースタイルではなく逆の発想を取り入れたら
面白く仕上がるのでは?と思い制作してみました。

VMAX93b.jpg
私のポリシーである純正の面影を壊さず造り上げるカスタムを意識しながら慎重に丁寧に作業を進めました。
なので大改造してるように見えますが大きな変更部品はフロント足回りとマフラー、ビキニカウル位です。

VMAX114b.jpg
今回のV-MAXでどうしてもやりたかった事は両足回りの変更でした。V-MAXカスタムでありがちな
足回りの見た目の重さの解消をしてみたかったのです。まずはリア周りをスッキリさせるため
2本ショックをモノサスのシングルにしてシート下半分をそぎ落としてスマートなケツ上げ仕様に変更。

VMAX103.jpg
ダークな感じのマシンに仕上げてみたかったので外装ペイント黒鉄色。エアインテークカバーはメッキを選ばず
樹脂製のような半艶な感じのブラック。サイドカバーは黒鉄色×半艶ブラックのツートンカラーです。
サイドカバー内に隠れてる燃料タンクもスタイル変更のために削ってシェイプしています。

VMAX115b.jpg
実車に乗られてる方には失言に聞こえるかも知れませんがV-MAXのフロントの細さがどうしても気になるのです。
なので倒立のぶっとい足回りの方がバランスが良いと判断しました。倒立は倒立でもアウター部分が短い方が
断然バランスが良い。実車で言えばZXR400とかグース350の物がネイキッドタイプには似合うと思います。

VMAX117b.jpg
そしてマフラーですが、当初エンジン下部分に収まる感じのあまり主張しないダウンマフラーにしたかったのですが
排気筒を考えず思い付きだけで下準備したら案の定無理が発覚(@_@;)
急遽スタイルに合うマフラーを探して造ったのがこの4in2in1の集合管。少しインパクトを残したかったので
パイプの輪切りを繋いだようなエキパイにしてみました。

VMAX120b.jpg
今回の制作を終えて長年感じていたVーMAXに対するモヤモヤ感がなくなったので
作品としては納得できる物になったと思ってます。皆さんの感想はどうですか?

※詳しい説明やその他の画像は完成Galleryでも公開しています。
※少しの間ですがコメント欄を解放しています。初めての方も大歓迎ですのでご感想をお聞かせ下さいませ(。◠‿◠。)

「V-MAX編」が面白かったという方は評価をお願いします!

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。