FC2ブログ

ZEPPAN RACING-バイクプラモカスタム工房~since2011

絶版バイクを1/12サイズで現代に蘇らせる製作日記。

第1回RS1000耐久レーサー改(不沈艦RCB)  

さあさあさあさーっ!無事戻って来ましたよm(_ _)m
約半年間のリハビリ期間を終え気分もスッキリした状態に戻ったのに
また自分を追い込む現場に戻って来るなんてΣ( ̄ロ ̄lll)

できれば楽に組める車両を選びたいところですが
途中で止まってしまってるキットがあったので
それからやっつけたいと思います。

今回、製作するのはこれ↓
IMG_2303.jpg
ホンダRS1000耐久レーサー。たしか中一の時に作った記憶があります。
その時代は缶スプレーも買えない貧乏中学生でしたので合わせ目も消さずにキットの地のまま仕様でしたね。
ただこの時代のプラモデルはどれもノーマル車ばっかりだったので
集合管やカウルが付いてるというだけでテンションが上がり楽しかったのを覚えてます。

b0076232_20442042.jpg
こちらのRS1000は81年の8耐優勝マシン。
穴の開いてないディスクローター、鉄のエキパイにアルミサイレンサー
クラシックな大型のカウルが時代を感じさせますね。

022_MCL_06_2014_Honda-RCB-1000_1024_jpg_3353332.jpg
RSの前のモデルがRCB1000。 こちらは77、78年欧州耐久レースで「不沈艦」と呼ばれるほど
圧倒的な強さを誇った伝説的なマシン。これをきっかけに名車CB750Fが発売されました。
燃料タンクが長くシートカウルの長さが短いのが特徴的ですね。

img_4hytt.jpg
こちらは福岡のタジマエンジニアリングさんが造ったRS1000のレプリカ。
本物と同じCB900Fをベースにカウルにシングルシート燃料タンクなどを変えて
RSのレーシーな雰囲気がとてもカッコイイです。

IMG_0107.jpg
こちらは海外のサイトから見つけた一台。雰囲気がテイストオブツクバみたいなオールドバイクレース
のカテゴリーにエントリーされてるRCBレプリカみたいですね。凄くカッコイイ!
決めました。これに近い感じのカスタムマシンを制作します!もちろん公道仕様ですよ。

皆さん色々心配をおかけしてスイマセンでした。
それと復帰に向けて沢山の応援をありがとうございます。
これからも無理しないで頑張ります!
「RS1000レーサー改」期待してるよという方は拍手を押してね!
スポンサーサイト



第2回RS1000耐久レーサー(気になる?気になる?)  

IMG_2304.jpg
今回のカスタムテーマはRS1000の公道仕様。と言っても現実的に考えてレースマシンの公認なんて
超面倒臭い話になりそうですがプラモデルの世界ですと完成後に後付け足せば何とでもなります。

IMG_2312.jpg
現実<妄想が無いと造れないスタイルですけど。
私の場合はここをこうしたらもっとカッコ良くなるのになぁ~と考えながらカスタムを進めて行きます。
仮組して気になる箇所をチェックして…まずはシートカウルですね。

IMG_2308.jpg
80年代のシングルシートは今のように尖がった形でなくBOX型が当たり前で当時はカッコ良かった
でも今見ると割と幅広で大きめに感じるのでスリム加工したいと思います。

IMG_2316.jpg
RSはフロント(カウルなど)部分が大きめなので尻部分はスマートな方がバランスが良いと思います。

IMG_2317.jpg
RSレーサーで私が一番気になる箇所はこのフレームと燃料タンクの隙間。
速ければ何の問題も無いと言われたら、それまでですが やっぱ見た目のカッコ良さは大事ですよね?

IMG_2321.jpg
最初はタジマエンジニアリング風のスタイルで行こうかなと考えましたが
この隙間がどしても気になってしまって
それを隠すためRCB1000レーサー風の燃料タンクに変更しようと思います。
大丈夫必ずカッコ良くなるので安心していて下さい!

第3回RS1000耐久レーサー(トータルバランスを考える)  

IMG_2322.jpg
80年前後で活躍したレースマシンはカウルのスクリーンがバカでかいよね。
従って18インチの昔の細い足回りだと何だか頼りないし見た目の迫力も少し物足りない。

IMG_2325.jpg
なので私は径が太い倒立フォークを組んであげます。
しかし毎回思う事なんですが、だいだいの物がアウターの部分が長すぎ。
剛性を考えれば仕方ない所なんですが見た目のバランスが悪いように感じるのは私だけ?
※流用した物は01年のYZR500

IMG_2327.jpg
インナーの長さをプラパイプを使って少し延長しておきました。
この位の感じが私的にはバランスが整ってるように思います。

IMG_2328.jpg
キャリパーはモノブロック型のブレンボですね。

IMG_2330.jpg
シートカウルも徐々に進んでいますよ。RSの純正シートベースにプラ板を切って貼ってを繰り返し
隙間を執着で埋めアルテコスプレーで固めながらヤスリで削って形を整えていきます。

IMG_2331.jpg
燃料タンクも同様に造っていきました。まずは一旦乗っけてバランスを念入りにチェックします。

IMG_2332.jpg
ウーン(・_・?)まだバランスが悪いですね。タンクがデカイ。
カウルも一緒に進めて行かないとバランスを取るのが難しいようなので
今度はカウルも進めて行こうかな?

第4回RS1000耐久レーサー(試行錯誤)  

IMG_2335.jpg
F足回りは01年モデルのYZR500を使います。今回は公道仕様という事なので
カーボンディスクローターにスリックタイヤでは それっぽくないですよね。

IMG_2336.jpg
まずはフェンダーの後半部分をジャンク品を使って延長します。
ローターはピンバイスで穴を開ければ良いと思うけどスリックタイヤはどうやって溝を作ろうかな…?
おっ!いい考えが浮かびました。後のお楽しみにしていて下さい。

IMG_2337.jpg
造形していた燃料タンクの形が決まりだしました。
サイドにはダミーの給油口を作りたいので穴を開けておきます。

IMG_2339.jpg
カウル上部の幅が広いので内側に接着剤をパテ代わりに盛りながら削っていき幅を小さくしていきます。
シートもだいぶ進んで来たのでここで仮組。まだバランスが悪いですね。
特にマフラーが4in2in1よりも4in1の方が良さそうです。バナナ型のサイレンサーは使いましょう。

第5回RS1000耐久レーサー(スリックタイヤにトトレッドを作る)  

IMG_2345.jpg
レーシングスリックタイヤ。一般道では走行できないので溝を作りたいと思います。
以前まではナイフなどで切り込みを入れたりしたけど元がゴムなので綺麗な処理とはほど遠い感じでした。

IMG_2346.jpg
掘るのがダメなら足せば?どうか。という事で極細のマスキングでパターンラインを貼り
その上からサフを重ね吹いてみる事にしました。

IMG_2347.jpg
マスキングが埋まって見えなくなるまで重ね塗ったらテープをピンセットでつまんで剥がします。

IMG_2348.jpg
剥がすと段差が出来ました。スリットは深くはないですがナイフで切り込みを入れるよりは
ラインがシャープなので十分使えそうな感じです。
ただしベースのタイヤよりもサフ分、分厚くなるのでFフェンダー内側は削るなど
加工修正があるかもしれません。

IMG_2349.jpg
スイングアームはRSの物にパテを盛って厚みを加え下にスタビライザーを追加しました。
タイヤとホイールはサフを一緒に塗ったので脱着する事ができません。
なので質感は塗り分けが必要となって来ますので ご注意を。

第6回RS1000耐久レーサー(私はバナナが嫌いです)  

IMG_2365.jpg
縮小するためキットのカウルをベースに内側に瞬着を盛って削って出来上がった新RSのカウル。
上級モデラーさんなら型を取ってバキュームした方が薄く造れて良いのですが
根性無しの私にはそんな難題に立ち向かう勇気と労力は持ち合わせてませんm(_ _)m

IMG_2367.jpg
Asさんから教えてもらった瞬着とアルテコを使い出したら極薄の造形以外は何でも簡単に作れてしまったので
本当に助かっています。今まではポリパテとか使ってたので時間がかかってしょうがなかった。。。

IMG_2370.jpg
いよいよマフラーの製作に入ります。私はバナナが苦手ですがRSのバナナ型サイレンサーはカッコイイですね。
それを残して作り直します。

IMG_2371.jpg
ダイソーで見つけた被覆付きのアルミワイヤーを使ってエキパイの方から作っていきます。

IMG_2372.jpg
エキパイを好みの形に作ったら集合部も造っておきます。

IMG_2377.jpg
そしてマフラーを仮組みして形状を修正していきます。

IMG_2374.jpg
この後にステーを作ってリアサスに仮組して
マフラーの集合部とサイレンサーの隙間に瞬着を流し込めば下準備は終了です。

第7回RS1000耐久レーサー(初!ヒートプレス)  

IMG_2352.jpg
もう何回目の仮組みだろう?まだ完成イメージが浮かばないのでスクリーンも制作する事にしよう。
RSのカウルの幅を縮小してしまったのでスクリーンはオリジナルを作らないといけません…
とうとう私もヒートプレスする日が来てしまいました(@_@;)

IMG_2342.jpg
電熱器を持ってないのでヒートガンを下に固定して上からプレスしました。塩ビ、PETと両方試して見ましたが
私には塩ビが扱いやすかったですね。写真はドリルで挿して固定してますが土台が不安定なため
木材を使ってヒートプレス専用を使いました。

IMG_2356.jpg
新調したカウルの幅に合わせて型を作るのが面倒臭かったですね(@_@;)
しわが寄ったり塩ビの厚さが均一でなかったり最初は思うように行きませんでした。
それでも何度となくやっていくうちに馴れて来て
造った物の中から良さそうな物を一つ選んでカットして仮組します。

IMG_2359.jpg
リメイクしたカウルのライト部分は小さめの方がカッコイイので瞬着を使って加工してます。
あとセパハンもカウルに干渉しないように位置を低めに修正。

IMG_2360.jpg
何となく雰囲気が出て来ましたね♪あとはマフラーを取り付ければバランスが決まりだすと思います。

第8回RS1000耐久レーサー(クラッチ板)  

IMG_2378.jpg
マフラーステーはプラ棒に穴を開けそれに被覆の中にアルミ線を挿して位置調整して本体と繋ぎ合わせます。
新調した燃料タンクとシートカウルに合わせるためシートレールも加工修正してます。

IMG_2381.jpg
付属のバックステップもスイングアームを太くしたため外側寄りにステーを切り取って付け直ししました。

IMG_2383.jpg
クラッチカバーも穴が開いてないのと中にクラッチ板が見えないのが残念なのでデティールUPしましょう。

IMG_2384.jpg
NSR500に付いてあった物にプラ板とマスキングを使ってそれらしく作り直します。

IMG_2387.jpg
カウル裏側にカウルステーを作ります。材料はゴムチューブです。ほぼダミーですね。

IMG_2390.jpg
クラッチカバーに切り取った被覆を使ってデティールUPをしました。
クラッチ板が見えるように穴も開けておきましたよ。

IMG_2386.jpg
左サイドにはドライブスプロケが映えるようにデティールUPを加えます。

第9回RS1000耐久レーサー(エンジン完成)  

IMG_2392.jpg
フレーム修正も落ち着いて来たのでついでに補強も加えておきましょう。

IMG_2396.jpg
燃料タンクの幅とシートカウルの幅を細くしたのでシートレールの部分を削っています。
あと燃料タンクがスカスカになっていたフレーム部分にプラ板で被せて隙間を埋めました。

IMG_2385.jpg
オイルクーラーホースのフィッティング部分を作り直します。

IMG_2405.jpg
長さも丁度に合うように仮組してから色付けしました。

IMG_2397.jpg
エンジン本体もフラットブラックで塗装済みです。

第10回RS1000耐久レーサー(リア足回り完成)  

IMG_2403.jpg
クラッチ板を塗装しました。チタンシルバーの上に軽くフラットブラックを吹いた程度ですね。

IMG_2404.jpg
クラッチカバーもフラットブラックで塗装。

IMG_2402.jpg
キャブはキットの物に装飾を加えた程度にしました。インマニのバンドは虫ピンに
上からゴムチューブの半分に切った物を被せただけです。

IMG_2406.jpg
エンジンをフレームに乗っけてオイルクーラー
ホース類のパイピングも取り付けを済ませました。

IMG_2414.jpg
リアの足回りも組み込んでおきます。サスはショーワ製の物に交換してます。

IMG_2415.jpg
エンドウさん方式のチェーンの掘り込みも、もちろん採用してますよ。

IMG_2416.jpg
この後にバッテリーの配線を作りたいと思います。

第11回RS1000耐久レーサー(カウル完成)  

IMG_2394.jpg
カウルのヘッドライトカバーを作ってます。透明の塩ビをカットしてカーブに沿って虫ピンを使って固定。
の…つもりでしたが思った以上にカバーとカウルの隙間が出来てしまいました。
接着してしまったので隙間を誤魔化すためにこの上からクリアーを吹いて隙間を埋める事に…

IMG_2424.jpg
出来上がったのがこちら。赤一色のカラーリングは質素だったのでステッカーを貼りました。
あとデティールUPのためにクイックファスナーもアルミ線を使って追加工作してます。

IMG_2425.jpg
せっかく作ったライトカバーもクリアーを上から吹きかけたもんだから裏側に気泡が出来てしまって
曇った感じになりました。(´△`)↓ヒートプレスしたスクリーンも微妙な隙間を修正できなくて接着してから
クリアー塗装で段差を修正してます。なので誤魔化すために今回もブラック塗装です。

IMG_2426.jpg
カウルを装着したバイクを製作する上でスクリーンとかカウルとかを薄く再現しないとアンバランスに
見えてしまうのでヒートプレスは習得しないとダメかもしれませんね(@_@;)
次回の宿題にしておきましょう。

第12回RS1000耐久レーサー(外装完成)  

IMG_2395.jpg
右サイドに作ったダミー給油口を造りました。

IMG_2431.jpg
燃料タンクが完成♪

IMG_2430.jpg
シートカウルも完成♪サイド後ろに付いてあるのはウィンカーもどきです。
レーサーの影を残したいのでゼッケンも付けました。

IMG_2427.jpg
これで外装も完成ですね。色はモンザレッドです。

第13回RS1000耐久レーサー(カプラー制作)  

IMG_2433.jpg
サイドカバーが無いので電装系を目立たせるデティールUPを加えます。
カプラーをプラ板から造りました。

IMG_2435.jpg
ついでにレギュレーターなども加えて精密さをUPせます。

IMG_2436.jpg
ステップ類も完成です。

IMG_2438.jpg
右ステップ

IMG_2439.jpg
左ステップともRS用を少し加工して取り付けです。

第14回RS1000耐久レーサー(マフラー完成)  

IMG_2420.jpg
マフラーが完成しましたよ。今回エキパイはチタンでサイレンサーはアルミの組み合わせです。

IMG_2417.jpg
チタンの虹色焼けなんですが塗装での表現はやっぱ難しいですね。
マスキングをしてみたりニードルを絞ったり毎回、新しいやり方で塗装してるのですが
1/12サイズのマフラーではこれ以上細めのボカシは無理です。

IMG_2440.jpg
どこぞのメーカーでもイイですから「チタン焼けデカール」を発売してくれる事を強く望みます。

IMG_2443.jpg
マフラーも車体に取り付けたので後はフロント足回りを組みたいと思います。

第15回RS1000耐久レーサー(車体完成)  

IMG_2445.jpg
RSのメーターを取り付けます。

IMG_2446.jpg
フロントは倒立フォークを組みます。キャリパーはラジアルマウントのブレンボです。

IMG_2450.jpg
ブレーキマスターカップは透明プラをヤスってクリアーイエローを筆塗りしただけです。

IMG_2455.jpg
フォークのインナーはハセガワのミラーフィニッシュ。ブレーキホースはアドラーズの0.65サイズです。

第16回RS1000耐久レーサー(完成前夜…)  

IMG_2457.jpg
公道仕様のためリアテールランプとナンバープレートを付けましたよ。
適当なジャンク品の裏にプラ板を貼ってステーを付けただけ。
カウル横には貼り付け型のウインカーを作成しました。

IMG_2458.jpg
見えなくなる運命(笑)のヘッドライトですがクリアーイエローに塗装です。

IMG_2459.jpg
とりあえずテンションを上げるためにタンクを取り付け…
凄い縦長に見えますが実物のバランスは悪くないと思います。

IMG_2460.jpg
タンク横のダミー給油口がカッコイイですね♪あとエンジンのカムの目ん玉はメッキシルバーが
取れたので最後に塗り直ししておきます。いよいよ次回は最終回です♪

4月20日(金)の9時UP予定。
一時的にコメント欄を解放しますので
ご感想お待ちしています。

最終回RS1000耐久レーサー(完成)   

お待たせしました。やっとお披露目です♪

IMG_2526a.jpg
ホンダ耐久レースの名車RS1000を私が弄るとこうなっちゃいました。
もはや原型はエンジンのみ。外装もベースの面影はまったくありません。

IMG_2503a.jpg
それもそのはず目指した物はそれよりも前のモデルRCB1000なのです。
旧型のロケットカウルと縦に長い燃料タンク。アンバランスな小さめのシングルシート。
外装はあえてクラシックな、どこかカフェレーサーを想像させるルックスで決め

IMG_2538a.jpg
それとは真逆に足回りは倒立フォーク、ブレンボキャリパーにリア190サイズオーバーの17インチホイールが
マッチョ過ぎて鉄フレームがねじ曲がるのではないか?と心配になりそうな程の豪華な仕様。

IMG_2510a.jpg
ベースがRSなので公道を走るには保安部品は必要なので慰め程度にテールランプと貼り付け式の小型ウィンカーを設置。
スタイルが崩れるのを気にしミラーなんてダサイ物は付けませんでした。

IMG_2556a.jpg
セルモーターもキックペダルも装備せず始動は押し掛けオンリーで頑張ってもらいましょう。
でもキーシリンダーは付いてるのでハンドルロックはできるでしょう…?
いやいや角度の無いセパハンなのでそれも無理でしょうね(笑)
そんな妄想を膨らませながら楽しく制作しましたRS1000耐久レーサーを見てやって下さいませ。

その他の画像は完成GALLERYでも載せてるのでそちらも見てやって下さい。
少しの間ですがコメント欄を解放します。
ご感想お持ちしています。
「RS1000耐久レーサー編」が面白かったという方は拍手を押してね!

▲Page top