ZEPPAN RACING-バイクプラモカスタム工房-

絶版バイクを1/12サイズで現代に蘇らせる製作日記。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第24回750RS(車体完成)   

IMG_1973.jpg
テールランプはこんな感じに落ち着きました。カバー下部分はクリアーにしたので内部のリフレクターが
チラ見せできればデティ-ルUPの効果があるのですが…

IMG_1974.jpg
省略されてあるクラッチケーブルのジョイント部分を六角プラ棒で造りました。

IMG_1987.jpg
こういう小物パーツは見せるように配置しましょう。クランプ部分はマスキングテープで再現

IMG_1986.jpg
コックピットですがキーシリンダー周辺が今回は少し華やかに見えますね~カギを追加したのは思った以上に
“日常”を感じさせるデティールUPになったと思います。オススメ~グッ!! ( ̄ε ̄〃)b

IMG_1975.jpg
今回でデティールUPはすべて終了しました。車体の方はグラブバーとリアウインカーを取り付ければOK。
ここで気が付いてしまったのですが、どうせここまで手を入れる事になるならフレーム処理とか
バッテリーも造ってストリップ状態にできるようにしておけば良かったなぁ…

IMG_1985.jpg
多分二度と純正Z2を造るとは思えないので少しばかりモヤモヤが残るのが気持ち悪いです(-_-;ウーン
でも自分で言うのも何ですが良くここまで頑張ったと思うので今回はスルーして良いよね~皆さん?
※ウインカーのネジ位置はこの後にちゃんと修正していますのでご安心くださいませ♪
スポンサーサイト

第25回750RS(外装ペイント)   

外装ペイントですが王道の火の玉カラーにします。
今回の塗装工程は…

IMG_1909.jpg
①ブラック→シルバー→マスキング(オレンジになる部分)→黒鉄色→マスキングを剥がす
②全体をクリアーオレンジで好みの色になるまで重ねる(段差も消しておいた方が後が楽)

IMG_1990.jpg
③クレオスのスーパークリアーでコート(最近クリアーはもっぱら缶スプレー理由は厚塗りが楽だから)
④研ぎ出し→コンパウンド→ロゴのエッチング貼り→なじませるために軽くクリアーコート→終了。

IMG_1994.jpg
今回からカワサキロゴなどは2mmプラ板にデカールを貼り、それを切り取った自作エッチングを使用しました。
綺麗さで言えばツルツルの方が綺麗ですが立体エンブレムにすると深みが加わる感じですね。
それと赤ベースなどに貼った白デカールなどの透け問題などには役立つ方法なので使い分けてもよさそうです。

IMG_1861.jpg
細かいパーツ制作は済んだと安心していたけど最後にこんな物が残ってました…

IMG_1995.jpg
どうにかこうにか完成です(´▽`) ホッ
ZⅡの燃料コックは黒ですがそれだと、せっかく造った細かい造形が目立たないので黒よりのグレーで。

IMG_1988.jpg
塗装を終えて気づきましたがオレンジ部分はキャンディカラーじゃなくソリッドなオレンジの方が見栄えが良いかも。
塗装を楽しようと考えると思い通りにいかないものですね~(-_-;ウーン
やっぱオレンジ部分は白→オレンジで正解だと思います。
皆さん冒険したい気持ちに負けないでね。私は全戦全敗です(@_@;)

第26回750RS(シート)   

IMG_1996.jpg
キットのシートはおもちゃぽいので表面を削ってベルトを作り直し肉厚感のある感じにリメイクしました。
塗装はやや濃いめのブラックでわざとブラシを詰まらせ、ざらざらした感じに塗装。
最近はこんな感じが好みですね~

IMG_1998.jpg
一生懸命作ったテールランプ内部のリフレクターもクリアー部分から、かすかに見える程度です。
サイドからはほとんど確認できません。皆さん間違っても造らないでね(´△`)↓

IMG_2001.jpg
いつもならタンクとかカバー類の途中画像はUPしないけど今回は段々と完成に近づく雰囲気をお楽しみください♪

IMG_2002.jpg
やっとやっと終われそうです…後はシートを乗っけて野外撮影♪
次回は3月19日(日)UP予定、最終回ですよ~

最終回750RS(完成)   

製作日数150日、記事UP27回、指が攣った数4回、テンション↓だった日ほぼ毎日
でも最高に充実したと思える日も毎日(笑)
色々ありましたがついにGOALです。見てやって下さいませ(=^_^=)

1/12 カワサキ750RS(アオシマ)
RS15.jpg
多分記憶が無いのでバイク模型を純正のまま作ったのは小6以来かも…ただ当時は缶スプレーさえも使わなかったので
仕上がり度は上がってると思います。どうですかね?前後タイヤを他社から流用してまんま純正とは言えませんが
バランスは悪くないかなと。ただ少し残念な所は火の玉のオレンジはソリッドカラーにしておけばもっと見栄えが
良かったと思います。私の欠点は一度作った物を修正しない所。良く言えば後に引きずらない性格なんですが
そのせいで完璧に仕上がった作品が残念ながら一つもありません(@_@;)

RS14.jpg
失敗した所は今度作る時に成功できれば良いと思って制作してるので割とストレスを感じません。
時間を掛けて完璧に仕上げるのも模型の醍醐味ですし週末の休みを使って簡単に仕上げるのもまた模型の醍醐味です。
人それぞれ楽しみ方のスタイルが違って良いのではないでしょうか?

RS26b.jpg
多分この画像を見て「凄いリアル!」「とても真似できない…」「素晴らしい!」と思う人もいれば
「あ~ここが違う…」「私の方がもっとリアルにできる」「詰めが甘い」と思う方もいるのです。
少なくとも私の作品を見て何か感じとってもらえたら制作した甲斐がありますね。

RS32c.jpg
まあこんな書き方をしたら皆さんのために作ったようにと思われますが一番は自分が楽しみたいと思ったからですけどね。
なので完璧に再現できなくても最終的に自分が納得すればすべてOK(笑)
このキーホルダーを造ったのも遊びの一つです。

RS28b.jpg
この角度からのリアビュー良いですね~ストレート組みではこの感じは出ないと思います。
でもショックバネが細いのも気になる(-_-;ウーン まあ、この感じも世界で一台だと思えば愛しく思える物ですが…
あとキットのままだとマフラーの出口上下とも微妙にズレてるので修正を忘れずに。

RS22b.jpg
私がバイク模型を復活できたのはO8GさんのZⅡを偶然ネットで見つけたのがきっかけでした。
それまではプラモデルの事なんて一切忘れてましたし、また作り始めるなんて考えもしませんでした。
単純にもう1回作ってみたいと思ったのがO8GさんのZⅡだったのですね。

今回制作したZⅡですが果たして、その時のZⅡを超える事ができたかと言えば
う~ん。やっぱり答えは「No?」かな…やっぱり憧れの人を超える事はできません。
それほどあの時の衝撃は凄かった。改めてアッパレです。そしてありがとうです。

少しばかりですがコメント欄を解放します。よろしければご感想聞かせて下さい。
完成Galleryでも公開しています。そちらもどうぞ。
「750RS編」面白かったいう方は拍手を押してね!

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。