FC2ブログ

ZEPPAN RACING-バイクプラモカスタム工房~since2011

絶版バイクを1/12サイズで現代に蘇らせる製作日記。

第1回V-MAX改(直線番長!?)  

過去最長の5ヵ月を費やしたCBも完成してしばらく模型から離れたいと
思っていましたがホビコムメンバーさん達の交流も楽しく再び制作意欲が
沸いて来ましたので次の車両に取り掛かりたいと思います。

9x8gf-2001_VMAX1200_20avant_20gauche.jpg
ヤマハV-MAX。1985年にドラッグレーサーを意識したデザインと6000回転から
ツインキャブに変わる「Vブーストシステム」を搭載。最高出力145馬力という
当時のレーサーレプリカ以上のスペックを備える怪物マシンとして人気車となりました。

VMAX01.jpg
あくまでも145馬力というのは北米仕様の場合。90年に出た国産仕様の場合はVブースト無しの
100馬力以下に抑えられて販売開始しました。どうしてもVブーストのイメージが強いので
購入する側としては少しインパクトが弱くなったかも知れません。
当時は馬力規制もシビアな時代だったのでしょうがないですね。
ちなみにこの後に出た新型V-MAXの逆輸入仕様は1700ccで最高出力は200馬力ですって( ̄□ ̄;)ギョッ

VMAX04.jpg
製作する前に言うのはズルイ感じがしますがV-MAXは「ノーマル」が一番カッコイイと思います。
逆に考えるとカスタムしてカッコ良く見せるには難しい車両だという事。
ビラーゴに共通するヤマハのデザインのせいだと思うのですが横に長いのか縦に長いのか
ハッキリしない所がカスタムする上で難点になってる気がします。

VMAX02.jpg
90年初期400ccアメリカンブームの頃、スティードのカスタム車は大人気でしたが
ビラーゴ400のカスタム車はほとんど見た事がありませんでしたね。
ビラーゴのデザインを伝承したV-MAXもかなり手強いと思いますが私の頭の中では
もっと格好良くなりそうなので模型で再現してみたいと思います。
ご期待下さいませ!
V-MAXが好きだ!という方は拍手を押してね!
スポンサーサイト

▲Page top