FC2ブログ

ZEPPAN RACING-バイクプラモカスタム工房~since2011

絶版バイクを1/12サイズで現代に蘇らせる製作日記。

第2回 ZⅠACサンクチュアリー (ウエルドクラフトとは?)  

今まで私が造ってきたカスタムマシンは完成まで「その形」が最後まで発表される事は無く
製作が進むにつれて観る側の想像で色々な完成車両を楽しんで頂けた思います。
ただし今回は実物が存在するマシンなんで大きな変更を加えると別物になってしまうので注意。
私の性格上最後まで、そのまんま仕上げるとは思えないですが今回は気楽に製作したいと思います。

IMG_1754.jpg
サンクチュアリZのRCMに付いてあるRタイヤは190サイズぐらいですが手持ちに丁度いいのが無かったので
ZX12R用の200サイズを組んでみます…あきらかにオーバーサイズですね(@_@;)
スイングアームはXJRの純正ですがまあ何とかなるでしょう…

IMG_1761.jpg
実車のFフォークはオーリンズが付いてるので手持ちのXJRの物にプラ材を使って作成していきます。
ボトムの造形は細切りプラを張り溶きパテを塗りスポンジヤスリで擦って仕上げます。

IMG_1762.jpg
フレームも実車同様、補強を入れていきます。ただし見える所だけに限定しましょう。
溶接ビートはエポパテを両手ねじって細長くちよりみたいにした物を張り付けて半渇きした時点で
極細のマイナスドライバーで押し当てて表現してみました。

IMG_1766.jpg
最近のRCM車に付いてるナイトロレーシングのマフラーはチタンパイプをつなぎ合わせて造る
ウエルドクラフトが主流。2ストのチャンバー製作と似てますね。ただしこれをプラモで実行すると
大きなストレスと多大なエネルギーを消費するので私はいつものようにマスキングで表現します。
スポンサーサイト

▲Page top